努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関わりを持つ

引用 P195
Rule.87 現場に行きかかわりを持つ

 かかわるというのは、協力し、貢献し、参加することである。なかに入っていき、手を貸し、進んで引き受け、人々と語り合うことなのだ。かかわるとは楽しむことだ。テレビではなく、ほんとうの楽しみを満喫することなのである。

 人生に満足し、幸せな人は、お金にもならず、名声ももたらさないことに関心を抱いている。人を助け、励ますことを楽しんで実行しているのである。彼らはボランティアをしたり、何かのクラブや団体に加入し、楽しんでいる。時間を取られ、かかわらなかったらよかったのにと思うこともあるかもしれない。しかし、それでも何かに参加している。それは彼らが世界の一員だからなのである。




 人間関係はつかれる時もあるけど、素晴らしい人達を関わりを持つことは人生の幸せの一部分だと思います。それは仕事関係だけではなくて、お友達だったり、何らかのサークル、ボランティアグループ。

 幹事なんてやらねーよ!という人は、見えてる世界が狭いなぁって思う時もあるし、「やらないよ!時間ないもん」って私自身が思う時もあります。

 人間関係って、ちょっと大変という部分も含めて幸せなのかもしれません。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
↓ ↓
人気ブログランキングへ

人生のルール リチャード・テンプラー
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:ルールを持って生きると人生がシンプルになるということを実感させてくれる本です。人生の達人に見える人たちが守っている行動基準をまとめてくれた本です。帯より「英国発売3ヵ月で10万部のベストセラー 個人として、家族や友人として、世界の一員として、どう生きるか?人生のあらゆる場面で役立つ100の行動基準」
オススメの対象者:悩みの多い人・人間関係でちょっと疲れている人
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

親を許し尊敬する

引用 P158
Rule.70 親を許し尊敬する

 文句を言いたいこともあるかもしれないが、あなたの両親は最善を尽くしたのだ。子育てがさほどうまくできなかったとしても、非難することはできない。ひとり残らず素晴らしい親になれるとはかぎらないのだから。

 両親がきちんと育ててくれたと思うなら、それを口に出して感謝しよう。(中略)

 子供として、あなたは親を尊敬する義務と親を親切に扱う責任がある。許し、非難しないことで両親に報いるのだ。そうすることで、あなたがどんな惨めな生い立ちであっても堂々と人生に立ち向かっていくことができる。




 大人になっても、いつまでも親の影響を受けているなぁと感じることが多く、それは私だけではなく、周りの人を見ても思うことなんですが、良くも悪くも親との関係というのは深いなぁと。

 そして親との悪い(と本人が思い込んでいる)関係を上手に清算できると人生で幸せを感じることが増えるようです。

 特に男性でお父さんとの関係がうまくいっていない人は(意識的にも無意識だとしても)、仕事において上司とうまくいかないらしいです。

 家族との関係って、複雑で大切です。

 セミナーなどで親との関係を上手に解決したつもりになっている人も多いようですが、そう簡単に解決できるほど生易しいものではないかな?と考えています。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
↓ ↓
人気ブログランキングへ

人生のルール リチャード・テンプラー
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:ルールを持って生きると人生がシンプルになるということを実感させてくれる本です。人生の達人に見える人たちが守っている行動基準をまとめてくれた本です。帯より「英国発売3ヵ月で10万部のベストセラー 個人として、家族や友人として、世界の一員として、どう生きるか?人生のあらゆる場面で役立つ100の行動基準」
オススメの対象者:悩みの多い人・人間関係でちょっと疲れている人

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

成長を妨げているもの

引用 P93
Rule.39 捨てる技術を学ぶ

 捨てることには「重荷をおろす」効果がある。家には自由に使える空間が増え、自分が状況をコントロールしているという感情が抱けるようになる。いたるところに詰め込まれた山のような物のせいで滅入っていた感情を払拭することができるのだ。

 ひとつ言っておきたい。あなたの成長を妨げているものを見つけたいなら、食器棚とベッドの下、そして洋服ダンスの中を調べてみればよいのだ。




 これ、本当に食器棚とベッドの下、洋服ダンスをチェックしてみて、客観的に自分を見れたら勝ちですね。

「あぁ、私は思い出関係がどうにも捨てられない」

「俺は太ってしまって絶対に着れないのがわかっているのに服を捨てられない」

「ごちゃごちゃで、何が何だか分からない」

「使えないものがたくさん・・・」

「良いものはあるけど使わず、古いものばかり使っている。誰のための人生なのか?」

色々あると思いますが、以前、断捨離の近藤麻理絵さんが「ときめくモノに囲まれて暮らしましょう」というようなことを言っていました。今使っているお茶碗やお箸、洋服はときめくモノですか?使うと気分が上がるようなお気に入りのモノですか?

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
↓ ↓
人気ブログランキングへ

人生のルール リチャード・テンプラー
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:ルールを持って生きると人生がシンプルになるということを実感させてくれる本です。人生の達人に見える人たちが守っている行動基準をまとめてくれた本です。帯より「英国発売3ヵ月で10万部のベストセラー 個人として、家族や友人として、世界の一員として、どう生きるか?人生のあらゆる場面で役立つ100の行動基準」
オススメの対象者:悩みの多い人・人間関係でちょっと疲れている人

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

抑圧してはいけない

引用 P79
Rule.32 激しい感情を抑えつけない

 ときには怒ることもいいことだ。怒ることで、相手にたんなるお人よしではないこと、そして自分が深く傷つき、気分を害していることを教えることができる。そのためには、本当にひつようなときだけ、怒りを表すようにすることだ。関係のない人間に八つ当たりするのはやめよう。(中略)

 抑圧してはいけないのは怒りだけではない。恐怖や不安や大きな喜びなどあらゆる感情も同じだ。激しい感情を抱くのは、自制心を失うのとは別のことである。感情はつねに心のなかに湧いてくるものだ。それが当然なことであり、抑えようとしてはいけない。ここでも再度言わせてもらうが、感情への対応の仕方を誤ると、かならず後で罪の意識を感じることになってしまう。




 ちょっと前回の記事で、「怒ったらダメ、忍耐力なさすぎ」と引用しておいて、なんですが。こちらも必要な要素です。

 最近ワークショップで傾聴とかアサーションとか習っているのですが、アサーティブな受け答えって結構大変ですよね。感情がどうしても入りすぎる。

 本当は自分の望むものを相手に素直に伝えられるのが良いのでしょうけど、全然違うアプローチをしてしまうことが多いです。

 自分が何を望んで怒っているのか、不安になっているのか、そういった内面をしっかりと認識することが大切なのでしょう。適当に聞くという行為自体が、根本まで探っていくと「幸せになるため」だったり、怒る理由が「幸せになるため」だったり。なら、幸せになるための行為をもっとクリエイティブな形で実行していこうよ!というワークもやりました。

「いつも食べ過ぎてしまう」「食べ過ぎることによって何を得ているの?」「美味しいって感情」「美味しいって感情によって何を得ているの?」「幸せ」「幸せの何が大切?」「幸せでいることが人生の目的だから・・・・」

「あぁ、食べることによって幸せを感じようとしているのね、私」

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
↓ ↓
人気ブログランキングへ

人生のルール リチャード・テンプラー
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:ルールを持って生きると人生がシンプルになるということを実感させてくれる本です。人生の達人に見える人たちが守っている行動基準をまとめてくれた本です。帯より「英国発売3ヵ月で10万部のベストセラー 個人として、家族や友人として、世界の一員として、どう生きるか?人生のあらゆる場面で役立つ100の行動基準」
オススメの対象者:悩みの多い人・人間関係でちょっと疲れている人

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

不安から解放される方法

引用 P62
Rule.24 自分のための時間を確保する

 私が提案したいのは、どく簡単なことだ。毎日、ほんの十分間(理想的には、三十分)を自分自身に捧げるのだ。(中略)

 自分のための十分間で何をすればよいのだろう?その答えは「まったく何もしない」である。バスタブでのんびりする時間でも、新聞を読む時間でも、眠る時間でもない。じっと座って、ただ呼吸するだけの時間なのである。

 私は一日に二度、庭に座って十分間ただ呼吸している。なにも考えず、なにもせず、不安からすべて解放され、ただ生きていることの素晴らしさを味わっている。




 以前から、瞑想の良さは何度も聞いていましたが、初めてやってみました。たった10分、何も考えないことがこれほど難しいとは・・・・・。

 10分の中で何か考えてしまったことが8分位ありました。何か音が聞こえただけでそれに関連する何かを想像してしまったり、「そうだ!この件はこのように進めよう」などと仕事のことを考えたり。

 でもタイマーがピピピッとなった時の幸せな気持ちは、とっても良かった。皆さんもお試しあ~れ!


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
↓ ↓
人気ブログランキングへ

人生のルール リチャード・テンプラー
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:ルールを持って生きると人生がシンプルになるということを実感させてくれる本です。人生の達人に見える人たちが守っている行動基準をまとめてくれた本です。帯より「英国発売3ヵ月で10万部のベストセラー 個人として、家族や友人として、世界の一員として、どう生きるか?人生のあらゆる場面で役立つ100の行動基準」
オススメの対象者:悩みの多い人・人間関係でちょっと疲れている人

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。