努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事以外のゴール

人気ブログランキングへ

引用 P75

「未来ノート」が三日坊主で終わらずに無理なく継続できるようになったら、次のステップは"量の追求"です。未来ノートの量を増やすためには、自分がゴールに到達するために必要な事柄(目標)のすべてを記すことが大切です。現在の私にとってのゴールは、仕事を除くと以下の6つになります。

①家族との関係強化

②親との関係強化

③健康管理

④リラックス

⑤哲学の追求

⑥友人を増やす

(中略)

 私は、これらのゴールに到達するために必要な事柄(目標)のすべてを、未来ノートに書きだしています。当然、書く分量も増えますが、人生のいろいろなことに想いをめぐらす機会も増えます。




 目標というと仕事だけの人が多いと思いますが、目標は多岐に渡っていないと人生のバランスを崩してしまいます。

 この著者は、この未来ノートをすごい分量書かれていますが、書くことで脳にインプットしているという印象を受けます。そして成功されているので、このやり方は合っているのでしょう。

 まだ1月ですし、上記のような項目に対する目標を定めてみてはいかがでしょうか?

 ジャッジできないような、曖昧な目標はダメですよ。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

楽天ブックスで購入する!! 「未来ノート」で道は開ける! 渡邉幸義
☆amazon☆で購入する!! 「未来ノート」で道は開ける! 渡邉幸義

この本の評価:★★★☆☆
オススメの理由:「未来ノートを継続すれば、未来は絶対に変わる」と帯にありますが、本当にその通りだと思います。著者である渡邉幸義さんのノートが載っていますが、すごい量と文字数に圧倒されます。私のような軟弱な人間には「やれたら凄いけど自信が・・・」となってしまいそうなので★を一つ減らして3つにしました。またワークライフバランスも考えられていて家族がいる方にもおすすめです。
オススメの対象者:文字を書くことが苦ではない人・目標を絶対に達成したい人

スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

全力は出してはいけない

人気ブログランキングへ

引用 P41

 私のお勧めは、「よーしやるぞ!と全力でやってはいけない」ということです。

 えっ!?と思われるかもしれませんが、簡単にできるレベル、やや物足りないくらいのレベルで継続するべきです。この"物足りない"という感覚が大切だと思います。

「小さな目標→物足りない感→次への継続」とつながっていくのですから。

 最終的には、継続できれば改善ができ、量が増え、質もよくなり、楽しくなるときが必ず来ます。そのときに全力を傾ければいいのです。




 この小さな目標→物足りない感→次への継続というこの流れは、公文式ですね。公文の先生は「できるから楽しく続けられる」と言います。

 このように書くと、「なんだよ、子どものやる気継続システムか?」と思うかもしれませんが、案外人間の本質に合っているのではないでしょうか。

 私はこの方法を、なんとかダイエットに活かせないかと・・・・・・。誰か助けて・・・・。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

楽天ブックスで購入する!! 「未来ノート」で道は開ける! 渡邉幸義
☆amazon☆で購入する!! 「未来ノート」で道は開ける! 渡邉幸義

この本の評価:★★★☆☆
オススメの理由:「未来ノートを継続すれば、未来は絶対に変わる」と帯にありますが、本当にその通りだと思います。著者である渡邉幸義さんのノートが載っていますが、すごい量と文字数に圧倒されます。私のような軟弱な人間には「やれたら凄いけど自信が・・・」となってしまいそうなので★を一つ減らして3つにしました。またワークライフバランスも考えられていて家族がいる方にもおすすめです。
オススメの対象者:文字を書くことが苦ではない人・目標を絶対に達成したい人

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

障害者自立支援法のせいで

人気ブログランキングへ

引用 P243

 もう一つ、早急に着手すべきだと思うのは、授産施設と企業の連携です。授産施設を含む福祉就労施設の利用者は約20万人で、就労可能な障がい者の7%ほどです。賃金は月1万3000円程度ですが、これまでにもお話ししたように、安定しているということで親御さんの間では人気がありました。ところが、現在はそうではありません。

 2006年に施行された障害者自立支援法により、授産施設にいられるのは3年間だけで、それ以降は退所し、企業で働くことが求められるようになりました。それまでの「授産施設に入れば一生安心」の神話は崩れることになったのです。

(中略)

 私は、障がい者にできない仕事は、基本的にないと思っています。管理業務ができるのですから、どんな業種でも仕事に就けます。経理、人事、総務という管理業務のない会社はありませんから。情報システムも絶対にありますから、メールを送るとか、情報をやりとりする仕事ができます。また、パソコンがあればスキル研修ができますから、新しい仕事を覚えることも可能です。となればなおのこと、授産施設を出てからの就職を、なんとかして生み出さなくてはいけないと思うのです。




 障害者自立支援法に関しては、かなりの抵抗はあったのですが、決まってしまって、自立じゃなくて切り捨てだというような意見がたくさんあったと記憶しています。

 授産施設で1万3000円の賃金であるならば、例えば通常の企業で3名採用する時に、公的なお世話役の方を一緒に派遣できるような、職業訓練を現場でしてくれるようなシステムになると良いのかなぁと素人考えで思いました。

 ずっと前に、飲食店をやっていた頃、「皿洗いのバイトで良いので」と多分お母さんらしき人から求人の問い合わせがあったことがあります。他人とコミュニケーションが取れない息子さんだったと思います。また外国人の方のお姉さん(日本語流暢な)が「妹は本当にしっかり働くので、どうかバイトで雇って欲しい。まずは面接だけでもお願いします。面接してもらえれば、良さがわかるので」と連絡があったこともあります。

 働く場所がある、日本人である、健康である、普通に話せる、色々な偶然の条件で生活できていることはとても幸せなことで、そのことに気づいて、一生懸命働いて、少しハンディキャップのある方を採用できるような環境に近づいていけたら、いいなぁ。

いつもありがとう(・∀・)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

社員みんながやさしくなった 渡邉幸義
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯より『「3つの奇跡」が起こった!障がい者が●多く集まる ●辞めない ●高い給料をもらえる しかも黒字を出し続ける』
オススメの対象者:障がい者雇用というのはどういうものか知らない方・知りたい方・経営者の方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

ちょっと泣ける

人気ブログランキングへ

引用 P160

 2名から始まった障がい者雇用の取り組みですが、いまではいろいろな方面に、その影響が広がっていることを実感しています。(中略)

 みなさんの意識が変わる大きなきっかけとなったのは、ハーモニーに、FDメンバーに接していただいたことです。そこでの感動が、みなさんの心に火をつけたのだと思います。

 人は感動するとファンになります。ファンになると自分でも何かしたくなってしまうのです。ハーモニーに来てくださった方たちもそうです。ハーモニー見学会には、毎回30~40社の方たちが来られますが、毎回そのなかの何社かの方は、

「何か一緒にしましょう」

「手伝えることはありませんか」

と声をかけてくださいます。(中略)

 ハーモニー自体もそうですが、FDメンバーそれぞれにもファンがいます。なかでもファンが多いのは、FDメンバー第1号、入社5年目の笹本清徳です。(中略)

彼は子どものころから書道を習い、現在3段の腕前です。ハーモニーで筆耕の仕事ができる唯一の人材であり、そういう仕事が入ったときは当然、彼が担当します。

 ハーモニーを頻繁に訪ねてくださるある大手企業の社長さんは彼のファンで、彼が書いたカードをオフィスの机の上に飾ってくださっているそうです。以前、その理由をこう言ってくれました。

「渡邉さん、私はいつもこれを見ると、涙が出てきます。彼らががんばって仕事をしている姿が思い浮かぶからです。そして彼に書道を学ばせた、ご両親の気持ちを思わずにはいられないからです」




 実はこの文章の最後の部分、都内の飲食店でご飯を食べながら読んでいたのですが、ちょっと涙が出てきてしまいました。

 普通の子どもが書道を習っているのとは違う、ご両親の気持ちを想像した時に切なくなってしまいました。それと同時に、そのような切ない気持ちで生きているたくさんの人たちがいることに気が付き、もっともっと良い世の中になってほしいと心から思いました。


いつもありがとう(・∀・)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

社員みんながやさしくなった 渡邉幸義
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯より『「3つの奇跡」が起こった!障がい者が●多く集まる ●辞めない ●高い給料をもらえる しかも黒字を出し続ける』
オススメの対象者:障がい者雇用というのはどういうものか知らない方・知りたい方・経営者の方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

福祉就労施設

人気ブログランキングへ

引用 P142

 社会に出れば、つらいことも厳しいこともある。それを乗り越えながら成長していくのは、健常者でも障がい者でも変わりありません。お母さんが障がいを大きなハンディキャップと考え、障がい者だからとあきらめてしまうと、真の自立にはつながらないと思います。

 自立するとは、他人と競争して勝ったり、他人より偉くなったりすることではありません。その人が、自分の意志と力で生きることです。自らが望む人生をつくるために、自分で決めた目標に向かって、自分で選んだ道を歩んでいくことです。(中略)

 きついことを言いましたが、もう一つあえて言いたいことがあります。それは「学校と企業は違う」ということです。

 学校は授業料を払って教えてもらうところですが、企業は教わったことで仕事をして給料をもらうのですから、まったく逆のものです。このことを私は、ハーモニーにいらっしゃるお母さん方には必ず言います。

 現在、ハーモニーのFDメンバーの月収は約13万円です。10年後にはこれを25万円にすると、私は宣言しています。ちなみに福祉就労施設(授産施設)の賃金は、月に約1万3000円。これだけでも、企業は学校とも授産施設とも違うことをわかっていただけると思います。




 障がい者のお母さんというのは、私は一人しか知りませんが、私が中学3年の時、中学一年の娘さんと一緒に学校に来ていました。入学直後、毎日お母さんはそのクラスにいました。その娘さんは車椅子だったのですが、きっとお願いして普通の中学校に通わせてもらっていたのだと思います。きっと他の生徒の迷惑にならないように、お母さんがつきっきりになる約束で。

 でもしばらくしたら、クラスの子たちが「おばさん、オレたちが◯◯さん運ぶから、大丈夫だよ」などと言いながら、その車椅子の女の子をフォローし始め、お母さんは登校・下校時位しか見かけなくなりました。

 そのクラスはその子を中心にとてもまとまっているように見えました。優しい気持ちの繋がりがあったのだと思います。

 ただ、渡邉さんの書いてあるように、社会人としてしっかり自立させることが、つまり生活資金を稼げるようになることで、本当の大人になれる。そういう仕組みをもっと普通の企業が担えたらいいのになぁと思いました。

 簡単じゃないけど、何かね、個人個人ができることがあったらなぁって。



いつもありがとう(・∀・)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

社員みんながやさしくなった 渡邉幸義
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯より『「3つの奇跡」が起こった!障がい者が●多く集まる ●辞めない ●高い給料をもらえる しかも黒字を出し続ける』
オススメの対象者:障がい者雇用というのはどういうものか知らない方・知りたい方・経営者の方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。