努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩甲骨は上半身の骨盤

人気ブログランキングへ

引用 P201

 肩こりで悩んでいる人はたくさんいますが、マッサージをしてもらっているうちはなかなか良くはなりません。

 その理由は「筋肉痛」と「肩こり」の違いにあります。筋肉痛の原因は「使い過ぎ」、肩こりの原因は「使わな過ぎ」であるからです。

 肩甲骨は上半身の「骨盤」です。人類の祖先が四足歩行をしていたときに、上半身を支えていたのが肩甲骨周囲の筋肉なのです。

 体重の二分の一を支えなければならないわけですから、この一体には多くの筋肉があります。人類が進化して二足歩行をするようになってからも、私たちの祖先は肩甲骨周辺の筋肉を使って畑を耕したり、薪を割ったりしてきました。

 つまり、昔の人のように上半身(肩甲骨)をしっかり使って生活していれば、肩こりになるようなことはありません。(中略)

 ということは「四足歩行」を心がけるようにすることで肩こりに悩まされることはなくなるはずです---ちょっとビックリされたかもしれませんが、現代人が四足歩行でできることといえば、「床を拭く」ということです。

 昔の人たちは、朝早く起きて家中の床を乾拭きすることで、上半身の筋肉を効率よく使っていました。それと同じように家の床拭きを日課にしましょう。




 なるほどねぇ。上半身がこるはずです。

 でも聞いたからと言って、床拭きって難しいです。何故ならば服の膝が抜けてしまうから・・・・・。それでも肩こりの酷い人は試す価値ありますね。

 私の父は、休日には車を4台とか洗ってしまう人なのですが、肩こりではありません。いつも手を大きく広げて車を拭いているのが健康につながっているのだと思います。そして大食いですが痩せています。

 やはり肩甲骨、動かすほどにプラスが多そうです。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


☆amazon☆で購入する!! 50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則
楽天ブックスで購入する!! 50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯より「56歳なのに----血管年齢26歳、骨年齢28歳、脳年齢38歳!!食事の内容と生活習慣を変えるだけ。お金や時間をかけず、日常生活の延長上でできる!」だそうです。血管年齢も骨年齢も、そして多分脳年齢も還暦あたりの私には眩しいばかりの本です。
オススメの対象者:健康が気になる方・長生きしたい方・ダイエットしたい方
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

スポーツはからだにいい?

人気ブログランキングへ

引用 P194

 まず、多くの人の常識になっている「スポーツは体にいい」という点から疑ってみたいと思います。

 結論を先にいえば、激しい運動は体にいいどころか「早死に」の原因です。もちろん、ダイエットの効果もありません。

 なぜそういえるのか?運動の際にフル稼働する心臓に目を向けてみてください。

 心臓を構成している細胞は「終末分裂細胞」と呼ばれ、子どもの頃にすでに細胞分裂を終えているため、たとえ傷ついても補充がききません。

 その証拠に、これだけガンが増えているのに心臓のガンってないでしょう?心臓は細胞分裂をしないためガンができないのです。

 あらゆる動物は、生まれてから死ぬまでに心臓が20億回拍動します。ゾウは100年、ネズミは数年しか生きませんが、生涯の拍動回数は同じ20億回。寿命の分しか拍動回数を用意していないのです。

 これに対して、私たち人間は生涯に20億回~30億回と言われています。




 ふふふ。私はこの理論が大好きです。ちなみにスポーツはしません。子供の頃から父に「スポーツはしないように!」と指導されてきました。(私が運動音痴だからではありません)

 父の理屈もほぼ同じで、心臓の回数決まってる論と酸素を取り過ぎると老ける論(身体酸化論)です。この身体酸化論についてはまだ有名じゃない頃から力説していました。

 それと私の知人は運動を毎日のようにやっていた時よりも運動をやめてからの方が若返っています。

 たまに運動をするのは良いと思いますが、身体に負担になるような程度の運動をやりすぎるのはダメだと思います。皆さん、やり過ぎ禁止です。
 

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


☆amazon☆で購入する!! 50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則
楽天ブックスで購入する!! 50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯より「56歳なのに----血管年齢26歳、骨年齢28歳、脳年齢38歳!!食事の内容と生活習慣を変えるだけ。お金や時間をかけず、日常生活の延長上でできる!」だそうです。血管年齢も骨年齢も、そして多分脳年齢も還暦あたりの私には眩しいばかりの本です。
オススメの対象者:健康が気になる方・長生きしたい方・ダイエットしたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

生活習慣と寿命の関係

人気ブログランキングへ

引用 P18

 アメリカ・ピッツバーグ大学のバーナード・コーエン教授が、生活習慣と寿命の関係について非常に興味深いデータを発表しています。

 このデータによると、喫煙を続けるだけで約2200日、つまり約6年も寿命が縮んでしまうのだそうです。35%の体重増加でも同じく約6年、意外なところでは独身生活が続くだけでも男性で約3000日(約8年)、女性で約1600日(約4年)も寿命が縮むといいます。

 もともと放射線の強い場所で働いたり、原子力発電所の近くに住んでいたりすることが寿命にどう影響するかを目的に調査されたものですが、寿命を縮めるという点では、こうした放射線の害よりも、喫煙や体重増加、あるいは独身生活を続けることのほうがはるかに上位であることが分かったのです。

 喫煙や体重増加はともかく、独身のままだと寿命が縮んでします?こういうと驚く人も多いかもしれません。しかも、女性よりも男性のほうが、その傾向がずっと強い?のちほどお話ししますが、もちろんこれには理由があります。男性にとって異性とスキンシップすることは、健康長寿の秘訣でもあるのです。(中略)

 ここで問題となるのは、都会に住んでいながら定職に就かず、生活が不規則で、袋菓子やコンビニの弁当で毎日を過ごしている人です。こうした「都市型の貧乏」の人は、3600日(約10年)寿命が縮んでしまいます。




 私は10年以上喫煙(ヘビースモーカー)経験あり(+6年)、体重増加は35%ではないけど増加(半分とみて+2年)、独身(+4年)、12年寿命減りそうです。

 衝撃なのが都市型貧乏。定職に就かずとありますが、就いていても食生活がコンビニ中心の方はたくさんいます。そうすると10年寿命が縮むということで、私が高齢者になるころには、平均寿命は70歳位になっているのではないかな?

 健康に生きて、ピンピンコロリで逝けることが一番良いと思うようですが、自分の人生や寿命は自分ではコントロールできないからこそ、健康食品が売れたり、健康診断に行ったり、ジムに通ったり、食生活を気にしたり。みんなが不安解消行動で経済を回しています。

 そういう努力をしてもいきなり大病にかかったり、明日地球が滅びるかもしれません。やりたいことをやり、逢いたい人に逢い、食べたいものを食べ、楽しい仕事をして、そうやって生きて行きましょう!!

 
ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


☆amazon☆で購入する!! 50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則
楽天ブックスで購入する!! 50歳を超えても30代に見える生き方 南雲吉則

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯より「56歳なのに----血管年齢26歳、骨年齢28歳、脳年齢38歳!!食事の内容と生活習慣を変えるだけ。お金や時間をかけず、日常生活の延長上でできる!」だそうです。血管年齢も骨年齢も、そして多分脳年齢も還暦あたりの私には眩しいばかりの本です。
オススメの対象者:健康が気になる方・長生きしたい方・ダイエットしたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。