努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与えるために必死に生きる

人気ブログランキングへ

引用 P158

ヒツジはもらうために必死に生きる。

ライオンは与えるために必死に生きる。



 ヒツジは24時間365日、自分が「もらう」ことばかり考えている。サラリーマンが、給料はもらって当然だと信じて疑わないのと同じだ。ヒツジはもらっている分際で、「給料が少ない」とのたまう。

 だったら一日も早く独立して、自分で収入を青天井にすればいいのに、その勇気はない。(中略)

 ライオンは24時間365日、相手に「与える」ことばかり考えている。

 幸せを与えたり給料を与えたりすることによって、自分が生きていることを実感する。




 ちょっと、どうですか?この人すごいなぁ。

 千田琢哉さんの記事一覧

 切れ味抜群です。近くにいたら、ちょっとドキドキ!

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

楽天ブックスで購入する!! ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断 千田琢哉
☆amazon☆で購入する!! ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断 千田琢哉

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:軽く読めるけど深い。たくさんのヒントが載っています。77のヒント集。
オススメの対象者:惰性で生きてるなぁって思う人・自分にイノベーションを起こしたい人
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

給料が高くて落胆

人気ブログランキングへ

引用 P114

ヒツジは成果よりも給料が高いと得したと考える。

ライオンは成果よりも給料が高いと落胆する。


 ヒツジは成果などいちいち出さなくても、家と会社を往復するだけで給料が出るのが当たり前だと思っている。(中略)

 どれだけ成果を挙げたかなど関係なしに、平気で「うちの会社は給料が少ない」と愚痴る。

 ライオンは、出した成果よりも給料が高いことに対して落胆する。

「これがもしフリーランスだったら今月は食べていけないのに・・・・・ヤバい」と、深く反省する。

 ライオンは、いつも自分がフリーランスのつもりで仕事をする。このプロ意識がなくなった瞬間、それは死を意味する。




 カルチャーショックでした。でもすごい本質を突いていますね。

 以前、私はコストで書いてありましたが、高いコストならリストラされちゃうってことです。リストラされてしまう悲しい中高年の男性、年功序列で給料が上がってしまったからこその悲劇だと思っています。

 だって彼らが個人個人の働き分の給与しかもらっていなければリストラされる可能性は低い。そして「給料下がってもいいからリストラしないでくれ」って本心では思っているかも。

 でも年功序列のルールになっちゃっているし、就業規則を改定するには労組の問題をクリアしなければならない。色々難しいですね。

 ある程度の年齢になったら、給料が下がってでも同じ会社にいた方が幸せかもしれないです。新しいところで、すっごい嫌なヤツがいて、生意気で、自分より年下で・・・。考えただけで不安。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

楽天ブックスで購入する!! ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断 千田琢哉
☆amazon☆で購入する!! ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断 千田琢哉

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:軽く読めるけど深い。たくさんのヒントが載っています。77のヒント集。
オススメの対象者:惰性で生きてるなぁって思う人・自分にイノベーションを起こしたい人

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

極刑に匹敵

人気ブログランキングへ

引用 P060

ヒツジは「ここに書いてあります」が口癖でクビになる。

ライオンは「わかりづらいですね」と謝罪して出世する。


 仕事で、お客様からパンフレットに書いてあることについての質問を受けることは決して珍しくない。

 自社にとって当り前のことでも、お客様にとっては生まれて初めてのことだ。

 常連さんならともかく、何もわからない人の方が圧倒的に多いと考えるべきだ。

 にもかかわらず、ヒツジは「ここに書いてあります」とやってしまう。

 これはサービス業において極刑に匹敵する。

「ここに書いてあります」というのは、「だから私は必要ありません」という意味であり、いずれクビになることを自分で自分に洗脳していることに等しい。





 極刑に匹敵・・・・ここが面白くて、載せてみました。でもかなり本質突いてますよね。

 サービス業でこの行動っていうのは、「僕は(私は)いりません」ですね。こんな人に相手をされると気持ちよく会計できません。

 悪くなくても「分かりづらくて申し訳ありません」と言えるとお客様としてメンツが保てて(実は私がオッチョコチョイで、見落としているだけでも)、「良い店員さんだなぁ」って感じます。

 ランチで割引券などを出して、よく見たら「この割引券は夜のみ」などと書かれている時、恥ずかしいものです(笑)そんな時に「ランチでは使えなくて申し訳ありません。使えればいいんですけどね!上司に意見言っておきますね」などと言ってくれたら、救われる・・・・・。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

楽天ブックスで購入する!! ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断 千田琢哉
☆amazon☆で購入する!! ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断 千田琢哉

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:軽く読めるけど深い。たくさんのヒントが載っています。77のヒント集。
オススメの対象者:惰性で生きてるなぁって思う人・自分にイノベーションを起こしたい人

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

結婚するな!

人気ブログランキングへ

引用 P174

迷うくらいだったら、絶対に結婚するな。

「私の運命の人かどうかわからない」と年中迷っている君の背中を押す言葉


 いざ結婚となると、「本当にこの人でいいのだろうか」と迷い始める人がいる。(中略)

 答えは単純明快で、迷うくらいなら結婚しないほうがいい。

 迷っているということは、それほど好きじゃないということだ。自分でも気づいているはず。

 本当に好きな人とだったら、全世界を敵に回してでも地獄の超特急に二人で飛び乗れる。

☆真の本命の前では、人はいっさい迷わない。




 どうしようかな?と思った時は大抵の場合、無意識に本当の答えは決まっていますが、その答えを良しとしていないのだというのが私の考えです。

 迷った時は、自分の気持ちを冷静に見つめて、後悔しない選択をどうぞ!

 で、結婚されている方で「迷ったんだよね(笑)」という方、頑張ってください。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

楽天ブックスで購入する!! ギリギリまで動けない 君の背中を押す言葉 千田琢哉
☆amazon☆で購入する!! ギリギリまで動けない 君の背中を押す言葉 千田琢哉

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯の「すべてフライングしろ。20代のうちに"一生モノ"の行動力を磨く101にヒント」という言葉に惹かれて購入しました。なかなかの格言たちです。
オススメの対象者:行動力を身につけたい方・何もせずにベストコンディションを待っている臆病者の方(こちらも帯より)

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

ボツの山

人気ブログランキングへ

引用 P90

ボツになった企画の山が、その人の可能性。

「企画を通してもらえない」とふて腐れている君の背中を押す言葉


 ボツ企画の山はその人の将来性だと思っていい。

 これはどんな職業でもそうだが、成功してから昔ボツにされた企画を見せてやると周囲の態度は一変する。

 あれだけ冷たかった同じ相手が、「ぜひ、この企画をやらせてください」と懇願してくる。

 これは成功者なら誰もが経験していることだ。

 成功して忙しくなった時のために、今から膨大なボツを貯めておこう。(中略)

☆ボツのストックがない人は、成功が続かない。




 仕事をしていると色々提案することも多いと思います。そういう時に先輩などにダメ出しされたり、ボロボロに却下されたりするかもしれませんが、それによって「諦めてしまう人」とそれでも「出し続ける人」。

 どちらが成長できると思いますか?

 あなたはどちらになりたいですか?


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

楽天ブックスで購入する!! ギリギリまで動けない 君の背中を押す言葉 千田琢哉
☆amazon☆で購入する!! ギリギリまで動けない 君の背中を押す言葉 千田琢哉

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯の「すべてフライングしろ。20代のうちに"一生モノ"の行動力を磨く101にヒント」という言葉に惹かれて購入しました。なかなかの格言たちです。
オススメの対象者:行動力を身につけたい方・何もせずにベストコンディションを待っている臆病者の方(こちらも帯より)

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。