努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怠惰な完璧主義者

人気ブログランキングへ

引用 P223

 これまで平常心の身につけ方について話してきましたが、世の中には、何事に取り組むにしても「簡単に身につかないなら、私はやりたくない」、という人がいます。あるいは、完璧にできないならやりたくない、という人もいます。

 完璧にできないならしたくない、というのも一つの「慢」です。完璧にできない自分を受け容れることができないのです。

 しかし、100はできなくても、2でも3でも平常心を身につけることができれば、人生はもっと穏やかで豊かなものになるのは間違いありません。




 言われてみると・・・・・確かに。

 割りとやってしまっているような気がします。できないならやりたくないっていうのも変なプライドなんですね。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


☆amazon☆で購入する!! 平常心のレッスン 小池龍之介
楽天ブックスで購入する!! 平常心のレッスン 小池龍之介

この本の評価:★★★★★
オススメの理由:以前から数冊読んでいますが分かりやすい悟りの本だと思います。
オススメの対象者:平常心でいたい方・苦しみを減らしたい幸せになりたい方
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

まっいっか精神

人気ブログランキングへ

引用 P196

 こうやって経典を読んでみますと、釈迦の時代から、人間の悩み、苦しみというものは何も変わっていないということがよくわかります。

 幻である慢心(プライド)をつくりあげ、人から非難されては慢が傷つき、落ち込み、怒る。そして、日々、イライラを募らせる。そんなときは、自分はしょせん壊れて死んでいってしまうものだということを思い出して、平常心を取り戻します。そうすることで、「ま、いっか」という精神を取り戻して、元気になることができます。(中略)

 人を受け容れ、物事を受け容れ、そして自分の弱さも、虚勢を張らずに受け容れることです。そうすれば、苦しみの少ない、平静で幸せに満ちた人生を送ることができるはずです。




 まっいっか精神が大切なんですね。

 苦しみの少ない人生を送るために、目標を持って毎日一生懸命生きるというやり方もあるし、あるがままを受け入れて精神を安定させるというやり方もあります。

 きっとどちらも一長一短あるのでしょうね。

 私は・・・両方欲しいかな。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


☆amazon☆で購入する!! 平常心のレッスン 小池龍之介
楽天ブックスで購入する!! 平常心のレッスン 小池龍之介

この本の評価:★★★★★
オススメの理由:以前から数冊読んでいますが分かりやすい悟りの本だと思います。
オススメの対象者:平常心でいたい方・苦しみを減らしたい幸せになりたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

死を受け容れる

人気ブログランキングへ

引用 P186

 老後にかぎらず、「死を受け容れる」レッスンを積んでいると、日常生活にもいい効果が現れてきます。たとえば、何かをどうしてもうまくやりたい、どうしても実現したいと思っているようなとき。あまりにも強く緊張して、興奮してしまうことによって、かえって物事がうまくいかないことはよくあります。

 そのようなときに、死を受け容れるレッスンを積んでいる人は、スッと冷静になることができます。「あの人も死んだ。あの人すら死んでしまった。確かに私もそのように死んでいく」という深い得心から、「これが、死ぬほど緊張したり、ジタバタするようなことか。それほどまでに渇望すべきことなのか」と落ち着きが取り戻せるのです。つまり平常心が戻ってくる。(中略)

 これはもちろん、いい加減に仕事をしろ、ということではありません。平常心で穏やかに取り組むことによって、物事というのは、かえってうまくいくものだ、ということをお伝えしたいのです。




 平常心を手に入れるために、死を受け容れるレッスンをしていると良いというのは、つまり視野を広げられるということかな。

 上司の立場で考えて、とか、親の立場で考えて、などと視点を変える究極が「死んだ」状態。

 「明日死ぬとしたら今日をどのように生きますか?」などという質問もよくありますよね。これはより良く生きるための質問ですが・・・・・。

 以前素晴らしい言葉だなぁと思ったのが

『心配すんな、どうせ死ぬんだ』

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


☆amazon☆で購入する!! 平常心のレッスン 小池龍之介
楽天ブックスで購入する!! 平常心のレッスン 小池龍之介

この本の評価:★★★★★
オススメの理由:以前から数冊読んでいますが分かりやすい悟りの本だと思います。
オススメの対象者:平常心でいたい方・苦しみを減らしたい幸せになりたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

暴飲暴食

人気ブログランキングへ

引用 P108

 アルコール依存症ほど深刻な病気でなくても、苦しみから逃れるために一瞬の快楽を求めて、自分を苦しめている人は多いと思います。たとえば「暴飲暴食」もそうです。

 イライラするといわゆる"ドカ食い"をしてしまう人がいますが、嫌な気持ちを、食べることの快楽で紛らわす行為です。食べ物を詰め込むことは脳に一定の快楽を与えます。(中略)

 食べることで得られる強力な「快」が、現実のストレスを忘れさせてくれるからこそ、ストレスが強い人ほど、食欲の罠にからめとられてしまいがちでしょう。ストレスを逃れるためのドカ食いは、最後、苦しくなるところまで食べるのをやめることができません。それはなぜかというと、最初は食べる「快楽」の刺激で、そして最後は食べすぎた「苦しみ」の刺激で、嫌なことから目を逸らそうとするからです。自分が嫌なことから目を背けるために、嫌なことの代わりに快楽や苦痛で自分を満たしておこうとするのです。




 食べ過ぎることもストレスから来ているんですね。ということは、悪いのは私じゃなくて、ストレスだ!!

 私の場合は、読書も人生からの逃げのような気がする時があるんですよ。たまになんですけど。趣味なのか逃避なのか分からなくなるタイミングがあります。

 本かiPadを持ってお風呂に入るし、眠る直前まで本を読んでいるので、一人静かに考える時間というのは少ないです。クルマで移動中には講演会CDを聞いていますし。

 逃げてるっぽいですね、思考から。

 以前、私が本屋さんで本を選んでいる姿を見て「本当に嬉しそうに選ぶね」と言われたことがあります。だから本当に大好きなだけかもしれませんが。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


☆amazon☆で購入する!! 平常心のレッスン 小池龍之介
楽天ブックスで購入する!! 平常心のレッスン 小池龍之介

この本の評価:★★★★★
オススメの理由:以前から数冊読んでいますが分かりやすい悟りの本だと思います。
オススメの対象者:平常心でいたい方・苦しみを減らしたい幸せになりたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。