努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任を持つとは



引用 P214

 余談だが、前向き駐車の彼に辞めてもらうとき、「私が責任を持ちますから何とか助けてやってください」と頭を下げにきた先輩社員がいた。私はいった。「だったら、一札入れてほしい。彼が会社に損害をかけたものは私が私費で全額弁償しますと」。ところが、「それはできません」という。つまり、「責任」という言葉の重みがわかっていないのだ。

 キャノン時代、たくさんの上司を見てきたが、「責任を持つ」といった人で、本当に責任を取った人はただの一人もいない。無責任な人に限って「責任を持つ」などと平気で口にする。責任に対して厳しく考える人間は、とてもではないが、怖くてそんなことは簡単にいえないものだ。




 いるいる~って思った人は私だけではないはず。これからは上記のように対応すれば良いのですね!

 とはいえ、全然責任持たない上司ってのも困りものです。部下が何をしても「彼の責任です」という。

「それなら、上司であるあなたはいらないね~」

私が思う程度の責任は取ったらいいのに・・・。

 人を変えることは難しいので自分が変わることで問題を解決出来る人、そういう人が責任を取れる人だと思っています。難しいかな。



この記事が良かったらポチお願いします。ランキング参加中です☆
 ↓ ↓



☆amazon☆で購入する!! 会社のアカスリで利益10倍!本当は儲かる環境経営 坂巻久
楽天ブックスで購入する!! 会社のアカスリで利益10倍!本当は儲かる環境経営 坂巻久

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:単なる経営効率化だけではなく、エコという視点から新たな考え方を教えてもらえる良書でした。他にも『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』があります。タイトルからして・・・・分かりやすいですよね?
オススメの対象者:経営者から一般社員さんまであらゆる立場でコスト削減したい方
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

社員一人の机には



引用 P42

 一昔前、社員一人の机にはハサミやカッター、ボールペンなど滅多に使わない事務用品が大量に眠っており、その額は平均すると7000円以上といわれたものだ。

 いまはパソコンも普及したし、だいぶ事情は変わっているだろうが、それでも机の引き出しをあければ、使いもしない定規や消しゴムなどがけっこうあるのではないだろうか。

 そうした個々の社員が死蔵している事務用品は、全社的に回収し、それらをほんとうに必要としている社員が使えるようにすべきだ。死蔵を放置したまま「◯◯がなくなりました」といわれ、すぐに新規購入するようでは、資源のムダ遣いもいいところだし、もとよりコスト管理の意識が低すぎるといわざるを得ない。





 これって社員数の多い会社だったら、この辺り見なおすだけで、年間の削減できるコストはかなりになるのでは?

 小さな会社でも、そもそも必要なモノってしっかり管理しないと

「これ便利ですよ」

「これもあったら時短できます」

「これは今では常識です」

・・・・ってな感じで、ジャンジャン増える消耗品費。

今日チェックした方がいいですよ!!


この記事が良かったらポチお願いします。ランキング参加中です☆
 ↓ ↓


☆amazon☆で購入する!! 会社のアカスリで利益10倍!本当は儲かる環境経営 坂巻久
楽天ブックスで購入する!! 会社のアカスリで利益10倍!本当は儲かる環境経営 坂巻久


この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:単なる経営効率化だけではなく、エコという視点から新たな考え方を教えてもらえる良書でした。他にも『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』があります。タイトルからして・・・・分かりやすいですよね?
オススメの対象者:経営者から一般社員さんまであらゆる立場でコスト削減したい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

すべてのものを半分に



引用 P27

 時間、生産スペース、水・ガス・電気の使用量、不良品、人・物の移動距離、CO2排出などを、すべてこれまでの半分に減らそう。

 あらゆるものを半分にするということは、先ほど述べた「リデュース=発生抑制」のためのわかりやすい表現だ。原材料の量から、それを加工するのに使う電気や水道、さらには物の移動距離など、あらゆるものを「半分」に抑制する。そうすることが、もっとも効率的な環境対策となり、かつ経営改善策にもなる。なぜなら、これまで使用してきた原材料費や電気代、水道代が半分になれば、そのままそれが利益に上乗せされるからだ。

 この「すべてを半分に」という「TSS1/2」活動のなかで、まず力を入れたのは「ムダな生産スペースの削減」だった。必要以上に大きな生産スペースは、照明、冷暖房はもとより、人や物の移動でも大きなムダを生む。




 そんなこと言うと、人も半分か・・・?と不安も感じますが、同じ人員で2倍の仕事ができるって考えればいいんです(笑)

 私は事務所勤務なので、普通にエアコンがついているんですが、ある日、ふと一緒に働いている人を見て、薄手のセーターだけで、暖かい部屋で仕事をすることに「?」と思ったのです。その方は普段とても寒がりの女性です。なのにセーター1枚で働ける温度に事務所がなっていること。

 これはムダだろうと思って、ウォームビズの温度設定を確認したら、多くの事務所で暖房20度設定と書いてあったので、今年は途中から「22度設定」を実施しました。

 知人の事務所はもっとエコで、指が出ている手袋をしてパソコンを打っている責任者の方もいます。

 311で見直し始めましたが、もう一枚多く着れば、電気を節約できる。そんなことすら、考えたこともなかった自分は、すごく甘やかされていたなぁと実感です。



この記事が良かったらポチお願いします。ランキング参加中です☆
 ↓ ↓



☆amazon☆で購入する!! 会社のアカスリで利益10倍!本当は儲かる環境経営 坂巻久
楽天ブックスで購入する!! 会社のアカスリで利益10倍!本当は儲かる環境経営 坂巻久

この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:単なる経営効率化だけではなく、エコという視点から新たな考え方を教えてもらえる良書でした。他にも『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』があります。タイトルからして・・・・分かりやすいですよね?
オススメの対象者:経営者から一般社員さんまであらゆる立場でコスト削減したい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。