努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事のトリアージ

引用

(口語訳)

重役たる者、仕事が多い、忙しいという言葉を口に出すことを恥ずべきである。

たとえ忙しくとも忙しいといわない方が良い。随分、手をすかせたりして、心の余裕がなければ、大事な事に気付かず、手抜かりが出るものである。

重役が小さな事まで自分でやり、部下に任せるということができないから、部下が自然ともたれかかって来て、重役のくせに仕事が多くなるのである。







重役のくせにだって。やはり依存力が一番大切なのか?

でも依存力は最高ランクだから、凡人には難しいです。

救急医療の現場でトリアージという患者を判断するものがあるのですが、このトリアージ仕事バージョンが優秀な人ほど「忙しい」を連発しないのでは。

自分がやれば一番早いとか、自分が最高のやり方を知っている、自分は経験が豊富だ、自分が好き、自分カッコイイ、俺様~。

このあたりが一番悪いんでしょうね。

私は事細かに指示してしまうか、または丸投げ。最悪上司です。

スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

自分自身の器

引用

(口語訳)大臣の心得として、まず部下、諸役人の意見を十分発表させて、これを公平に裁決するのがその職分であろう。

もし、自分に部下の考えより良いものがあっても、さして害のない場合には、部下の考えを用いる方が良い。

部下を引き立てて、気持ち良く積極的に仕事に取り組めるようにして働かせるのが重要な職務である。また小さな過失にこだわり、人を容認して用いることがないならば、使える人は誰一人としていないようになる。功をもって過ちを補わせることがよい。

またとりたててえらいというほどの者がいないとしても、その藩ごとに、それ相応の者はいるものである。択り好みをせずに、愛憎などの私心を捨てて、用いるべきである。自分流儀の者ばかりを取り立てているのは、水に水を指すようなもので、調理にならず、味もそっけもない。平生嫌いな人を良く用いる事こそが腕前である。この工夫がありたいものである。





自分のことは過大評価するという本能があることを知っているだけでも、他者への評価は現実に近づくのではないかな?

私たちはそんなに大したことない。

それと人を落とすことで自分が上がりたい人っていますよね。(そういう人がいることに気づくこと自体、自分自身にもそういう傾向があるってことで恥ずかしいのですが)

一番、カッコ悪い。

「あの人すごいよね~」「でもこういう欠点がありますよ」とか

「あの人カッコイイよね~」「でもあいつ小学校の時○○○漏らしたんだよ」(これ経験談です)

こどもは○○○くらい漏らすよ。たまにおとなだって漏らすんだから。

人を活かしましょうっていうこの段落、活かすため自分自身の器が必要ですね。

効率化

引用

「役人の仕組事皆虚政也」

これはどうも、はなはだ辛辣な言葉です。いろいろな役職につく人間はとかく慣習、因襲にとらわれて内容のないことにしてしまう弊害がある。

「老臣なと此風を始むべからず」

大切な経験を積んだ年寄り、先輩、重役などがこういう虚政、内容のない虚しい政治をやってはいけません。

「常時」 非常の事でない常の事。

「成べき丈は簡易にすべし」

なるべく簡易にするがいい。あまり手練手管をろうし、複雑にしてはいけない。

「手数を省く事肝要なり」

(中略)

古人はなかなか隅に置けないところがあり役人という者はとかくむだが多い、慣れて省みなくなる。ごたごたと仕事を複雑にする。そこで省みて省かなければならないというので役所の名前に「省」の字をつけた。昔の人はよく考えたものです。




こちら蒲島さんからのお薦め本です。いつもありがとうございます。私の楽しく豊かな読書ライフは蒲島さん文庫が支えてくれています。

・・・・で、ここで言う役人というのは、今でいう役人とはちょっと違う意味にとってもOKだと思っています。

ここでいう役人=頑張っても頑張らなくても変化のない人々

このように思います。人間は変化と失敗を嫌いますから、同じことは続ける、失敗したことは失敗しないための機能をプラスする、こうやっているとどんどん業務が増えます。

営業職など歩合で働く人のムダよりも、経理とか総務とか店舗販売員さんなど個人成果が測られづらい人の方がムダな仕事が多くなるのでは?客観的にムダでも働く本人たちは一生懸命に仕事をしていたら増えてしまっただけなのです。

ムダをなくすためには「この仕事は何のためにやっているのか?」「この仕事は本当に必要なのか?」「現在なにもやっていないとして、この仕事をもう一度スタートさせるだろうか?」とチェックして、チェックして、もうムダはないと思っても1ヶ月後にもう一度チェックして・・・・こういう風にしないと長時間労働になってしまいます。

理想は少ない労働でたくさんの成果を生むことです。そして社内みんな仲が良いというのが最高!

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。