努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔は最高の景品(それも無料)

引用

お客さんにおつけする景品のうちで、何にもまして重要なものは何かということになったら、皆さんはどんな景品をあげられるでしょうか。

考え方はいろいろありましょうが、私はそれは親切な”笑顔”ではないかと思います。(中略)”あの店はあんな、いわば常識はずれの景品をつけているが、自分のところは親切な笑顔のサービスに徹しよう”というように、いわば”徳をもって報いる”方策で臨んでこそ、お客さんに心から喜んでいただけ、お店のよきファンにもなっていただけるのではないでしょうか。




笑わない人って、たまにいますね。顔の作りが可愛いのに笑わないと本当にもったいないなぁと思います。誰だって笑うと感じいいのに。

笑顔でいれば話しかけてもらえて、野菜がもらえて、おまけしてもらえて、アメとかジュースとかもらえて、良いことばっかりなのに。経済的な効果も大きいと思います。

私は笑顔の人をみると「きっとこの人はいい人だ」と思います。それでお友達になるのですが、直感って結構当たっていますよね。長く付き合える人も多いです。

どこか赤い糸ならぬ、黄色い糸(友情だから)が繋がっているのかもしれません。

もらうっていうキーワードで思い出しましたが、今年のお正月、友人からキチンとついたお餅をもらったんです。美味しかった~。いつも買ってばかりだったので、本当のつきたてお餅の美味しさを忘れていました。早くお正月にならないかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

口の堅さは信頼

引用

他人の些細な過ちを責め立てたりせず、人の秘密や隠し事を暴かず、また人の旧悪や過去の汚点をいつまでも覚えておかない。この三つのことを実践することは、人格を高め、徳を養うことにつながり、また、人の逆恨みを買うような災いから遠ざかることができる。

 他人の失敗や過去の悪事をきれいさっぱり水に流したり、また、秘密などに対する心くばりをすることが、徳を積むことにつながっていくというわけです。

 この世の中には。完璧な人間など存在しません。

 自分のことを棚にあげて、人を非難したり、蹴落とそうとする人を見て、気持ちが良いでしょうか。




痛い言葉です。

私は口が堅い人が好きです。そして私も口が堅い人間でありたいと思っています。

入院生活

引用

物事が少し思うようにならないときは、自分に及ばないような人のことを思えば、不平不満や世を怨むような心は消えてしまうであろう。
 
 また、怠けたり荒れたり、やる気を失ったりしたようなときは、自分より優れたる人のことを思えば、おのずから精神が奮い立ち、やる気が出てこよう。

(中略)

「病院は不思議な空間だ。そこでは、そとの世界とはまた別の時間が流れている。天国と地獄のあいだをさまよう霊魂がいる場所をリンボウというが、手術の終わったあとのわたしは、まさにそんな場所にいた。どっちつかずの不確実な空間。

 どん底にいるのなら、もうこれ以上落ちることはないと腹をくくることができる。どん底にいるのだから、あとは上がるだけだと力が湧いてくることもある。けれど、そこはこれからどっちに行くのかわからない宙ぶらりんの場所だ。

 けれどそんな場所だからこそ上に行くために頑張っている人もいる。ここでのトレーニングは、病気というマイナスの地点から少しでも上にいくためのものだ。ほんのわずかな進歩でも祝福され、喜ばれる。この前までは歩けなかった者が、今日は一歩進めた。さっきまでは動かなかった腕が動くようになった。それは大きな進歩なのだ。

 日本記録や世界記録とは無縁に、普通の生活に戻るために懸命に努力している人々がいる。彼らを見ているうちに、自分がどんなに恵まれているかが、からだごと納得できるようになっていった。

 わたしは、自分がマラソンをはじめたときのことを思い出した。たった1分でもタイムが伸びたときの素朴な喜びを思い出した。」(『わたし革命』有森裕子著 岩波書店)




入院経験っていいものだと思う。奉仕の本質を少し実感できるような。

入院以前と入院後では私はかなり変化していると思う。以前は病院をただ怖がり、注射を怖がり、検査を怖がっていたが、今はどこか安心感というか、病院関係者に対して信頼感情を持っている。

先日、生まれて初めて注射を刺す瞬間を自分の目で見てみた。いつもよりも痛みはなかった。それはたまたま上手な看護師さんだったから?

目を背けると、痛みも不安も増幅されるのかもしれない。次も頑張って、じっくり見ることにしよう。

きっととんでもない病院もあるにはあると思うけれど、大多数の病院は良い病院だと思っています。

余分なことを減らす

引用

人生というものは、余分なことを少しでも減らせば、その分だけ世俗の煩雑さから抜け出すことができる。

 もし余分な交友や付き合いを減らせば、煩わしいいざこざから免れ、言葉を少しでも減らせば、その分だけ過失を少なくすることができ、様々な思慮を少しでも減らせば、その分だけ、精神は消耗しないし、理性的な賢さを少しでも減らせば、その分だけ人間本来の心を全うすることができる。

 それにもかかわらず、人は日々余分なことを減らそうとせず、逆に日ごとに増やして行こうとするのは、まさに自分自身で自分の人生の自由を手かせ足かせで束縛するようなものだ。




いつも思うことなのですが、「シンプルに生きたい」です。

人も仕事も何もかもシンプルにしたい。でも全員がシンプルに生きると資本主義ってあまり経済規模が膨らまないかもしれませんね。

欲しい~、欲しい~、人よりもいいものが~、欲しい~。自己重要感を満たすための消費財が多いように感じます。

モノだけじゃなくて経験も。これはセミナー中毒者のように「自分は足りないのではないか」という不安をネタに商売されているような気もします。最近の資格ばやりも資本主義的不安感情ビジネス?

日々向上したい、成長したいもいいけれど「私はこれでいい!」という気持ちも大事にしたいです。

最近の若者はあまり物欲や自己顕示欲に振り回されていない感じがします。そういう若者が何に目を向けているのかな?そういう分野が今後伸びるのかなと思っています。

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。