努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらゆる領収書は経費で落とせる

人気ブログランキングへ

引用 P25

 ここにAさんという会社経営者がいたとします。Aさんは、いまはやりの薄型テレビが欲しくて、会社の経費で薄型テレビを買いました。そこに税務調査で税務署の調査官がやってきました。調査官は、薄型テレビの領収書を見て、Aさんに言いました。

「この薄型テレビは何のために購入したんですか?」

 Aさんは「来客時のために会社にテレビくらいあったほうがいいと思って」と答えました。税務署員はすかさず、Aさんに聞き返しました。

「では今、テレビはどこに置いてありますか?」

 Aさんは答えられませんでした。テレビは自宅に置いてあったからです。

 次にBさんという会社経営者がいたとします。Bさんも薄型テレビが欲しくて、会社の経費で薄型テレビを購入しました。そしてBさんのところにも税務調査で税務署の調査官がやってきました。調査官は、薄型テレビの領収書を見て、Bさんに言いました。

「この薄型テレビは何のために購入したんですか?」

 Bさんは「事業の研究のために必要だったので」と答えました。税務署員はすかさず、Bさんに聞き返しました。

「では今、テレビはどこに置いてありますか?」

 Bさんは答えました。

「自宅にありますよ。でも自宅で研究のために使っているんです。事業に関連するDVDソフトも買ってありますし、その領収書もありますよ」

 税務署員は、それを聞くと追求するのをやめました。「事業のため使用している」という事実が、まがりなりにもあったからです。つまり、「事業に関連する」とは、こういうことなのです。




 なるほどねぇ・・・・・・。テレビはそれで落とせるんですね。私は落とせませんけどね(笑)

 会社の経費というのは、口が立てば落とせるモノが多いのかもしれません。以前聞いた話で、お友達と食事をしても実際に「◯◯買ってよ~」などと営業をして、領収書に「◯◯の営業」と書けば経費で落ちる、海外旅行に行っても、写真をとってそれを自社のホームページなどで使えば経費で落ちる、自宅でセミナーを開いたり、会議を行えば、家賃のある程度の部分が経費で落ちるなどと聞いたことがあります。

 新しいスーツを購入しても、そのスーツを着て自社のHPに写真か動画をつけて自社のPRを行なっていれば落ちそうですしね。そうすると美容室のお金も下手したらエステ代も落ちそう。宝石も買える???


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

☆amazon☆で購入する!! あらゆる領収書は経費で落とせる 大村大次郎
楽天ブックスで購入する!! あらゆる領収書は経費で落とせる 大村大次郎

この本の評価:★★★☆☆
オススメの理由:経費を使える人は読む価値がありますが『俺は自腹だよ』という方には向かないので★3つにしました。
オススメの対象者:経費を使える方・個人事業主の方
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

殺人鬼フジコの衝動

人気ブログランキングへ

引用 P16

 どこかの大人がいっていたけれど。衣食足りて礼節を知る。でも、このことわざには嘘がある。衣食が足りていても礼節のない人はいる。衣食は足りてなくても礼節をわきまえている人もいる。そもそも、衣食の充足と礼節は無関係で、その大部分は資質によるものだろう。

 わたしはこんなことも思った。貧乏は、環境や社会や制度が作り出すものじゃない、どんなに社会が寛容になって貧乏をなくそうと努力しても無駄なのだ。無計画でその日暮らしでだらしなくてお調子者で変なところで散在するような人たちは、お金がどんなにあっても結局は、破綻するのだ。少ない給料でも、計画的に明日のことをちゃんと考えている真面目な人たちならば、必ず生活は向上する。要するに、貧乏は、その人の性格が作り出すんだ。



楽天で購入!!殺人鬼フジコの衝動

 これ、本当にその通りで、ものすごく納得しました。衣食が足りていてもダメってことだ。

 無計画な性格が貧乏を作り出す。考えてみたら当り前のことだけど、気がつきませんでした。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

殺人鬼フジコの衝動 真梨幸子
この本の評価:★★★★★
オススメの理由:最後まで見逃せないです。読み始めたら一気にラストまで行ける小説です。これは・・・・読んでほしいなぁ。リアルに汚い現実で、作者が女性だなぁって思います。
オススメの対象者:小説好きの方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

情報は途中で変わる

人気ブログランキングへ

引用 P117

 店づくりで気をつけなければいけないのは、経営者の意図が現場に間違った形で伝わってしまうことです。

 たとえば、トップが「なるべくいいものを使って、いいものをつくってほしい」という思いから、ABCDというランクの中で、一番品質のいいAという大根を1本100円で購入する予算表を現場におろしたとします。

 ところが、現場の主任は「会社のためになんとか利益を上げなければ」という気持ちから、問屋に「100円のAじゃなくて、60円のDでいいから持ってこい」と指示してしまう。AでもDでも大根であることに間違いはありませんが、品質には大きな差があります。Aを使うべきところにDを使うと、でき上がった商品の味は下がってしまうのです。(中略)

 たとえば、トップが「利益は絶対に大切。そのためによいものをつくる」と考えていても、現場の人たちが「利益は大切」の部分しか理解していなければ、よいものをつくるよりも、「まず利益」ということになってしまいます。




 こういうことってありますよね。人にモノを伝えるのは本当に難しいことです。何度も何度も言っても、その言葉の意味が人によって違いますので、正確に伝わるというのは奇跡・・・・。

 例えば「できるだけ、簡単に、キレイに見えるようにお願いします」と言われれば、誰でも「はい。わかりました。」って言いますね。几帳面だったり、完璧主義な人だったりすると「どれくらいキレイに見えれば良いのですか?」「簡単にってどの程度、手順を端折ってOKですか?」などと確認してくれるかもしれません。

私を含め多くの人は「できるだけ・・・」という指示を出して、「なんでこうなってるのよ~ヽ(`Д´)ノプンプン」という事態に陥っています。

基準を伝えるというのも大切です。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法 佐藤啓二
この本の評価:★★★☆☆
オススメの理由:どのようにお客様に向きあうのか、努力し続けるのかというヒントがたくさんあります。
オススメの対象者:小売店経営者の方や店長さん

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

挨拶と返事

人気ブログランキングへ

引用 P114

 採用のときに一番重視しているのは、やはり挨拶です。

 スーパーはお客様とのコミュニケーションが第一ですから、挨拶ができなければ話になりません。ところが、実際に採用しようとすると、「はい」という返事さえきちんとできない人もいるのです。

 極端に言えば、返事ができない人は、存在価値がありません。返事ができなければ、その人に仕事を頼むことはできないからです。

 たとえば、何か用事を頼んでも、返事をしてくれないのではその用事をやったのかやらなかったのかがわかりません。これでは共同作業はできません。




 「はい」と返事をする素直な心!ってどこかで習ったような。

 返事をしてくれないと本当に困りますよね。「はい」と返事をするには、或る程度の心の成熟が必要です。

「なんでお前にはいって言わなきゃ・・・・」というような人には「はい」はとてつもなく高い山に見えて!

 なんだか昔の学校の授業みたいですが、人間関係の中で大切な事です。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法 佐藤啓二
この本の評価:★★★☆☆
オススメの理由:どのようにお客様に向きあうのか、努力し続けるのかというヒントがたくさんあります。
オススメの対象者:小売店経営者の方や店長さん

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

エンジェル・ハート 北条司

人気ブログランキングへ

引用 P??

「結婚・・・しようとは思わなかったんですか?」

「ん~~~?」

「あの写真の女性・・・なんか忘れて・・・」(中略)

「まぁ・・・別に結婚しても良かったんだがな・・・俺もまだ若かったし 昔の女に義理立てして一生独身でいようなんて思っちゃいなかったさ・・・ただなぁ・・・今まで彼女以上の女に出会わなかった・・・・・それだけの事だよ だから別に・・・人生無駄にした・・・なんて思ってないかな そういう女と一生のうちにめぐり会えた・・・俺は果報者なんだろうよ」




 まぁシティハンター知らない人はいないと思いますが、その続編です。コミックです。

 だいたい毎巻泣いてます(笑)泣くのってストレス解消に良いみたいですよ。

いつもありがとう(・∀・)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

エンジェル・ハート2ndシーズン 2北条司
この本の評価:★★★★★
オススメの理由:面白いし、泣ける(笑)
オススメの対象者:全日本人、シティハンターから通しで読んでみて!

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。