努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中で一番幸せな人は

人気ブログランキングへ

引用 P182

 パートナーシップと幸せの関係で面白い話があります。

 パートナーシップに関する調査で、世の中で一番幸せな人は、パートナーがいて、ラブラブな関係を築けている人なのだそうです。

 二番目に幸せな人はシングルの人。

 そして、三番目に幸せな人はパートナーがいても、そのパートナーといつもケンカしてイライラしている人。

 いちばん不幸な人は、パートナーとギスギスの関係になって、訴訟になっていたり、殴り合ったり、憎しみ合ったりしている人なのだそうです。

 この話からもわかるように、パートナーシップ---恋愛への道は、ハイリスクハイリターンになります。

 恋愛が人生に最高の喜びをもたらしてくれるというのは、何度もお話ししてきたことですが、だからといって、それがないと不幸かといえば、そんなことはありません。

 誰にも脅かされずに、静かに毎日を過ごしたいと思ったら、恋愛や結婚を選択しないという生き方もアリなのです。




 なんか、今、多くの人のため息が聞こえたような気がします。

 みんな、頑張っていこうね!!自分ならハイリターンが得られるだろうと思って、パートナーシップを開始したはずなのに・・・。株や投資、宝くじと一緒ですね。自分だけはうまくいくはず(笑)


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

20代にしておきたい17のこと  恋愛編 本田健
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯より「いい恋愛は、最高の人生をつくる あなたは恋愛なしに生きていけますか?」
オススメの対象者:20代で素晴らしい恋愛を経験したい方
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

欲望

人気ブログランキングへ

引用 P70

「感情」と「欲望」というと、「感情的になる」「欲望に走る」というようにマイナスにとらえがちです。そのためにビジネスの場ではもちろんのこと、恋愛の場においても、できるだけ、そこに触れないようにしている人が大半でしょう。

 けれども、それを上手に使うことで人生最高のインスピレーションを手に入れることもできるのです。(中略)

 実際に、ビジネスでいえば、売れる商品というのは、「日常の小さな欲望」---「きれいになりたい」「もっと楽に使いたい」というところから、そのインスピレーションが生まれるものです。




『欲望』を出し過ぎると利己的だと思われがちなので、自分の希望を言うことを躊躇してしまうことがよくありますが、アサーションという考え方のように、自分の希望をきちんと相手に伝えるということにもつながるので大切な事かと思います。

 自分の希望を伝えることは「わがままだと思われないか」「自分勝手だと思われないか」「心が小さいと覆われないか」などとマイナスで捉えてしまいがちです。それでいて、「何で察してくれないんだ(怒)」って、そもそも小物で、自己中心的。

 欲望であれ、感情であれ、ナチュラルに出せる自分になりたいものです。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

20代にしておきたい17のこと  恋愛編 本田健
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯より「いい恋愛は、最高の人生をつくる あなたは恋愛なしに生きていけますか?」
オススメの対象者:20代で素晴らしい恋愛を経験したい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

人間の4つのタイプ

引用 P112

「ポジティブ自立」の人は、誰かを助けると愛されると思っている。「ネガティブ依存」の人は、問題をつくり出しつづけることで、誰かが助けにきてくれると信じている。「ネガティブ自立」の人はコントロールすることで、「ポジティブ依存」の人は、コントロールされることで、愛がもらえると確信しているのだ」(中略)

「ポジティブ自立」の人は、前向きに生きるのが人生だと確信している。だから、みんなをリードしていく自分は偉いと信じている。

「ネガティブ依存」の人は、感情的に深く感じるのがすばらしい人生で、他の生き方は薄っぺらいと思っている。モラル的に優位に立っているわけだ。

「ネガティブ自立」の人は、世界を支えているのは自分だと信じているので、自分がいちばん貢献していることを疑わない。

「ポジティブ依存」の人は、『ごめんなさい』と言いながら、どうしてみんながお互いにやさしく生きられないんだと憤っている。ということは、つまり、『自分のようにやさしくなったら、世界はよくなる』と深いところで信じているのだ。

 つまりは、どのタイプの人間も、自分が正しいと信じている。そして、誰もがみんな、自分は正しいと信じていたら、お互いに分かり合えるはずがないのだよ。





 自分が正しいと思いたいんですけど、本当は正しいも間違っているもないんですよね。理屈は分かっていても、全然習得できません。

 この本はこのタイプに関してすごく詳しく書かれていて、とても勉強になりました。タイプは4つでそのすべてが分かるように書かれているので、自分はここだな、あの人はここだなと、他者への理解も深まりました。

 それぞれの「愛がもらえる」理屈なんて、客観的に見たら「誰かを助けたって」「問題をつくり出しつづけたって」「コントロールしたって」「コントロールされたって」もらえないのは分かるのに、いざ自分ごとになると誰もが・・・・・おバカですね。

 そして「イジメ」はネガティブ自立の人とポジティブ依存の人が起こすらしいです。はぁ、なるほど。自己理解が痛いところまでくると、少しは効いているのかなと思います。

 大富豪シリーズの第三弾と書かれていましたが、登場人物以外はまったく別のモノで、これだけ読んでも、理論が勉強できるので、すごく良いです。


いつもありがとう(・∀・)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:ベストセラーシリーズの3冊目なので、押さえておかないと。あと新たな感情理論はとても勉強になりました。なぜイライラするのか?など。感情理論の説明を受けると同時に自分自身もカウンセリングを受けているような本です。
オススメの対象者:感情的に揺さぶられやすい人や幸せを感じづらい人におススメです。

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

解釈する力

引用 P159

「普通の人は、自分に引き寄せたいものと、引き寄せたくないものの区別をつけたがる。これはいいもの、これは悪いものだと言ってね。しかし、考えてみてほしい。一時的には良かったものが、その後、その人を傷つけることはないだろうか?

 その逆に、一時的には悪いと思ったものが、結果的にすばらしい祝福になることもある。

 たとえば、ガンは悪いものだと多くの人は考えるが、そのおかげで健康について考える大きなきっかけになる。その後、健康に気をつけて長生きできたとしたら、若い頃のガンは結果的にいいものだったといえるだろう。

 また、若いときにたくさんお金を親から相続したとしよう。しかし、そのために定職にも就かず、仕事をする習慣も、お金を稼ぐ習慣ももてなかった場合はどうだろう?その後にお金を失ってしまったとしたら、結果的に、相続したお金はその人の人生をマイナスに導いたことになる。

 この世の中で起きることは、ポジティブでも、ネガティブでもない。ただ、中立なだけだ。それをどう解釈するかは、私たち次第だ」




 例えば、車で小さな自爆事故を起こした時、「うわぁ、最悪だ、最低だ、お金がかかる」と考える人と「大難が小難。厄落としだ。今後気をつけるようにと神様が(御先祖様でも、サムシンググレートでも)教えてくれたんだ」と考える人では、その後に続く言葉が違うと思います。

前者は「やっぱり俺はツイてない」「俺はダメだ」

後者は「やっぱり私はツイてる」「私は幸せだ」

そんなこと、分かっているよと言われそうですが、この考え方の癖は一日何度も、1年で何百回も自分自身への暗示のような効果を持って、行われているわけです。で、引き寄せの法則などで言われている通り、思った通りになってしまうので、解釈を変えることは人生を変えることだと思っています。

ちなみに「大難が小難」は母の口癖で子供の頃から「だいなんがしょうなん(意味不明)」と思っていました。何か悪いことが起きたら必ず「大難が小難」なので、幸せ度は高いです。最後には「良かった~。これくらいで済んで。神様いつもありがとう」になるので、母に感謝です。


ランキングに参加中です。よろしくお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:ベストセラーシリーズの3冊目なので、押さえておかないと。あと新たな感情理論はとても勉強になりました。なぜイライラするのか?など。感情理論の説明を受けると同時に自分自身もカウンセリングを受けているような本です。
オススメの対象者:感情的に揺さぶられやすい人や幸せを感じづらい人におススメです。

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

お金の感性

引用 P47

お金の感性4つのポイント

1.受けとること

2.感謝して心から味わう

3.信頼すること

4.分かち合うこと





 多くの日本人は私を含めて「受け取ること」が苦手ですよね。他者からの好意を受け取るには、助けたいと思われるような人間になって、素直に受け取ることが大切なのですが、なかなかね。

 ただプレゼントを例に考えるとわかりやすいと思うのですが、プレゼントをする方は、された方の笑顔を見ただけで、すごく満足ですよね。それを「いやいや、私なんてそんなプレゼントに見合う人ではありません」とか「受け取れません」とか言っていたら、次の機会には恵まれない人になってしまいます。喜んで受け取ることは本当に大切なこと。

 そして分かち合うこともなかなか難しいと思うのですが、著者は「収入の10分の1を寄附すること」を薦めていました。寄付しても大丈夫、寄付しても減らない、寄付しても貯金は溜まっていく・・・・という安心感を得ることは大切なんでしょうね。それと同時に自尊心も高まるし、人の精神にとって、すごく重要なことなのでしょう。

人気ブログランキングへ
↑ ↑
いつもありがとう(・∀・)


幸せな小金持ちになる方法 2011年度版
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:豊かさに対するヒントがたくさん
オススメの対象者:本田健さんマニア(笑)、あとは一度も読んだことのない初心者の方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。