努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人と過去は変えられない

引用 P163

 研修の仕事に長らく携わるなかで、一番多く聞かれるのは、「セミナーに足繁く通っても良くならない人がいるのですが、なぜでしょうか?」という質問です。

 答えは明解です。「やるべきことをやっていない」からです。すると、こう問われます。

「どうしたら、やるべきことをやれるようになるのでしょうか?」

「それは、朝早く起きて、目的・目標を見て、その目的・目標から逆算して、毎日小さな成功を積み上げることです」

「でも、朝早く起きられない人がいるんですけど、どうしたら良いでしょうか?」

 私はこう答えます。「寝てればいいんじゃないですか?」もっと言うならば「なぜ無理して起こさなければならないのですか?」です。

 すると、相手は黙り込んでしまいます。でも、最後は「起きる気がなければ寝ていればいい」という答えに行き着きます。十分な準備ができていない人に、無理に何かをやらせようと思っても難しいからです。





「他人と過去は変えられない」という格言がありますが、その言葉を知っていても多くの人は「○○さんは、どうして××なんだろう」と嘆いています。もちろん私も。

 そういう思考そのものが無駄で、まず自分の人生、自分の目標に対して、行動していくだけなんですよね。目標を明確に、行動も明確に、そうしたら、愚痴っている暇はないですからね。

人気ブログランキングへ
この記事が良かったらポチお願いします。


一生続ける技術
この本の評価:★★★★☆

オススメの理由:アチーブメントという社会人教育会社の社長である著者は、基本根性論で、私が根性論が好きだからです。厳しい父親に叱られているような、励まされているような気持ちになります。

オススメの対象者:
①今、だらだらと仕事をしてしまっていてちょっと喝をいれたい人
②継続する力が欲しい人(読んだらできるというわけではないですよ)
③目標達成という言葉が好きな人(笑)
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

甘えと依存

引用 P84

 限界突破した者だけが、一段高い実行の領域に入ることができます。限界突破とは「意識改革」であり、意識が変われば新しい現実に出会えます。新しい物の見方、正しい判断基準、価値観が生まれるからです。主観が変化し、より本質的な判断ができるようになるとも言い換えられるでしょう。

 人は誰しも、一生に一度は限界を突破しなければならないと私は考えています。違いは、若いときにするか、年齢を経てからするかです。

 危惧するのは、若いときに限界突破をしなかったがために、40代や50代になってから意識を大きく変えなければ、現実に対処できない状況に追い込まれるケースです。

 たとえば早くから目先の楽に流れる癖がついてしまうと、甘い基準のまま過ごしてしまいます。ある程度の年齢になってもスキルが高まらないのでずっと仕事で自己実現ができず収入も上がらない。転職をしようにも働き口がないので、安易に副業に手を出し始める。こうした人たちは元々計画性がないので人一倍苦労します。

 限界突破を経験していないと、なんとかなるだろうといった甘えと依存が残ることになります。





 「なんとかなる!」


 「いいえ、なんともなりません」


 この限界突破というのは、考え方を変化させる、行動を変化させる「すごい負荷」というモノだと思います。私の両親が弟の勤務時間が長かった時(休日が2日位で中々帰って来れない)に、「ひどい会社。あんなに働かせて!!」と言っていましたが、私は「20代のうちに無理をさせてくれない会社の方がひどいよ。無理しないまま、根性なしのサラリーマンとして30代になったら、リストラされてもどうにもならない人になっちゃうよ。」と説明しました。

 一度でも「ちょっと死にそう」という状況で頑張った経験がある人は、「いざとなったら、あれくらい出来るから大丈夫だ」という自信を持てますが、毎月きちんと休んで、負荷がかかっていない人は、その自信がないから、ものごとに対して必要以上に臆病になってしまうのだと思います。

 できるなら、20代のうちにしっかりとした負荷を味わって、「おれは出来る!」という自信を身につけておきたいものです。

人気ブログランキングへ

良かったらお願いします。


一生続ける技術
この本の評価:★★★★☆

オススメの理由:アチーブメントという社会人教育会社の社長である著者は、基本根性論で、私が根性論が好きだからです。厳しい父親に叱られているような、励まされているような気持ちになります。

オススメの対象者:
①今、だらだらと仕事をしてしまっていてちょっと喝をいれたい人
②継続する力が欲しい人(読んだらできるというわけではないですよ)
③目標達成という言葉が好きな人(笑)

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

行動力ありません

引用 P38

 続けられる人を目指すのであれば、継続力の前に行動力を養いましょう。まずやってみようという前向きな心の姿勢は吸収力につながります。吸収力のある人ほど成長していきます。人から教わったことを素直に取り入れ、即実行に移せる人です。

 私の講演には、毎回数百人が聴講に訪れます。しかし、ほとんどの人が自分の「物差し」を持って話を聞いています。すると、物差しにあったものは吸収するけれども、物差しに合わないものは「自分には関係ない」と聞き流してしまいます。




 行動力ってあるようでないものですね。こうすれば良いって分かっていても中々動けないです。理由は何でしょうか?

 欲しい物が明確ではないから・・・かな。あとは失敗したくないという消極的な感情。

 仕事でブレーキを掛けてしまう原因というのは、失敗したくない、恥をかきたくないとかそういったネガティブな心の状態で、大抵の人が無意識に行なってしまっている多分「日常」なんだと思います。

 うまくいっている経営者の方は割と「やろうよ」とか気軽に行動します。とりかかりも早いし撤退も早い。今すごく会社を大きくして多分調子の良い経営者の方が、数年前には複数の事業を手がけていて、今は撤退済みということを聞きました。経営者の方から見たら、「動かないのがリスク」、サラリーマンの方から見たら「動いたらリスク」(失敗すると大変だから?)。経営者にとって動かない=進んでいない=後退=倒産だから、動くのが当然なんだと思います。

 なんか、ニートの格言「働いたら負け」という言葉を思い出しました。

人気ブログランキングへ
いつもありがとう(・∀・)

一生続ける技術
この本の評価:★★★★☆

オススメの理由:アチーブメントという社会人教育会社の社長である著者は、基本根性論で、私が根性論が好きだからです。厳しい父親に叱られているような、励まされているような気持ちになります。

オススメの対象者:
①今、だらだらと仕事をしてしまっていてちょっと喝をいれたい人
②継続する力が欲しい人(読んだらできるというわけではないですよ)
③目標達成という言葉が好きな人(笑)

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。