努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の平安

引用 P145

 自分の外側に、心の平安を求めるのは、やめましょう。「もしかすると、次のワークショップに、答えがあるかもしれない」とか、「もしかすると、新しいテクニックがあるかもしれない」など、「探す」という姿勢でいるかぎり、「心の平安」の境地に達することはありません。心の平安は、探して手にはいるものではないからです。(中略)

「すでにそうであるもの」を受けいれると、すべての瞬間は、ひとつ残らず、「極上」になります。これが、「さとりをひらくこと」なのです。

 思考から開放されている人は、深い湖にたとえられます。この人にとって、外界の状況や出来事は、すべて湖の水面上のことでしかありません。水面は、四季のうつり変わりによって、静かな時もあれば、荒れ模様の時もあります。しかし、深いところでは、湖はいつも平穏です。その人は、水面だけでなく、湖全体であり、微動だにしない深部とつながっています。




 探していますね。22歳からずっと、探し続け、この読書好きだって、探している行為です。これではダメだと。

 でも最近、少し分かってきたような気がします。色々なセミナーや勉強会にたくさん行くことが良いことではなく、それは「精神安定剤」なのだと。そこが分かって、選んで参加することはOKというスタンスに変わりました。10年以上たって、ようやくです。おバカですね。

 不安からあれもこれも、色々探してしまいますが、本質は一番身近にあるものですね。そこに集中しないと。もしかしてブログなんてやっている時間ないんじゃない?

人気ブログランキングへ
↑ ↑
いつもありがとう(・∀・) 面倒なのに押してくれるあなたは良い人です。

人生が楽になる 超シンプルなさとり方
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:心の平安を得られる方法、恐れの正体、今に在るなど、気持ちが楽になれそうです。
オススメの対象者:今、苦しかったり、不安を感じていたりする人にオススメです。
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

自分の痛みと向き合うこと

引用 P119

 たくさんの人たちが、「いま、この瞬間」から逃れ、未来に目を向けようとする理由は、自分の痛みと向き合うことを、なによりも怖がっているからです。残念ながら、「いまに在る」ことで生まれるパワーが、恐れの根源である過去の痛みを溶かしてしまえることに、この人たちは気づいていないのです。実体である「いま」のパワーは、過去という幻影を、いとも簡単に溶かしてしまえるのです。もちろん、この人たちは、「大いなる存在」がすぐ手の届くところにあることにも、気づいてはいません。




 結構、難しいですね。今に生きないで、未来に生きていたり、過去に生きていたりするのが人間だと思っていました。私はいつも未来ばっかり考えて、準備ばかりしていましたし、いまもそうです。

 その行為は、今の自分と向き合わないためだったんですね。確かに未来のことばかり考えていれば、思考の彼方へ飛んでいけるし、現時点での問題点を「自分の責任だ」と引き受けなくて良いのですから。

 著者は、いまに在るためには、思考を止めることだとすすめています。ただ何も考えない時間をつくること。それによって「心の平安」が得られると。

 思考を止める時間を作ってみましょう。徐々に長く思考を止められるようになるそうです。

人気ブログランキングへ
↑ ↑
いつもありがとう(・∀・)



人生が楽になる 超シンプルなさとり方
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:心の平安を得られる方法、恐れの正体、今に在るなど、気持ちが楽になれそうです。
オススメの対象者:今、苦しかったり、不安を感じていたりする人にオススメです。

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

ほんとうの自分

引用 P033

 恐れには、実にさまざまな要因が絡んでいるものです。失うことへの恐れ、失敗することへの恐れ、傷つくことへの恐れなど、挙げていったらきりがありません。しかし、どんな恐れも、つきつめると、「エゴの恐怖」に帰着します。エゴは、自分の生命が「風前のともしび」だと、知っているからです。

 たとえば、あなたの周りには、「議論でいつも勝たなければ気がすまない人」がいませんか?

 この、ごくありきたりとみなされている習性も、もとをただせば、自分の思考を防衛する目的によるものです。自分の思考を防衛せずにいられないのは、思考を「ほんとうの自分」と錯覚しているからに、ほかなりません。つまり、思考にすがりついているエゴの恐怖に、由来しているのです。

 エゴは、自分の存在価値を、頭の良さで測っているので、考えが間違っていると証明されようものなら大変なことになり、消滅の危機にさらされてしまいます。そのため、エゴとひとつになった人は、絶対に負けるわけにはいきません。




 私はまさしくエゴとひとつになった人間ですね・・・・。そもそも自分自身とエゴを分けて考えたことがありませんでした。自分とは何なのか????

 思考を「ほんとうの自分」と錯覚・・・・と書かれているので、思考はほんとうの自分ではない、単なる思考ということで、では「ほんとうの自分」とは?

 「ほんとうの自分」は分かりませんが、思考がほんとうの自分ではないというのは分かる気がします。思考はその時の気分や、時期、1年前に考えたことと今日考えることは違います。そのように考えると自分の思考、意見、方法論、正しさはエゴであり、執着すべきモノではないのだと、ちょっとだけ分かります。

 ちょっとだけね、分かったつもり。

人気ブログランキングへ
↑ ↑
いつもありがとう(・∀・)


人生が楽になる 超シンプルなさとり方
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:心の平安を得られる方法、恐れの正体、今に在るなど、気持ちが楽になれそうです。
オススメの対象者:今、苦しかったり、不安を感じていたりする人にオススメです。

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。