努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騎士道と武士道とアメリカ

人気ブログランキングへ

引用 P190

 日露戦争でのステッセルと乃木の話は有名だが、日清戦争においてもこれに類するすばらしい話がある。北洋艦隊の敵将丁汝昌(ていじょしょう)が戦い破れて自決したときのことだ。部下たちは彼の死体を母国へ運びたいということで、ジャンク(中国の帆船)に乗せて運んでいこうとした。このとき、勝者たる日本軍はどうしたか。

 敗れたとはいえ敵軍の海軍提督が、ジャンクのようなボロ船で帰還するのはよくない。ちゃんと軍艦に乗せて運んでいきなさいと言って、軍艦を使わせてきちんと送り帰している。相手に対して礼を尽くすことを忘れてはいなかったのだ。

 このように日清・日露の頃までは、日本人にはまだ武人の伝統が脈々と生きていたのである。戦う者は、武士は相身互いだということだとか、あるいは、殺戮の場にあってもどのようにしたら美しく生きられるか、あるいは死ねるかといったことを絶えず意識していた。だからこそ敵を辱めないという美しい行為が自然とできたのである。

 この敵を辱めないという行為は、西洋の騎士道精神にも通じるものである。ヨーロッパを中心とした戦いにおいては、この騎士道精神は宗教改革の戦いの後、第一次世界大戦までは立派に存在した。

 ところが、これをまったくなくしてしまったのが、第二次大戦でのアメリカである。アメリカの戦い方の特徴は、戦いをいつも宗教戦争にしてしまうことだ。つまり、敵を悪魔、悪としてしまうということだ。アメリカには騎士道の伝統がないから、このようなことになってしまうのだが、敵を悪としか見なかったがために、第二次大戦はいくつかの悲劇を生んでしまったのである。




 すべて宗教戦争。相手は悪という考え方、確かにいつもそんな感じです。なるほどこのように書いてもらえると、歴史知らずな私にもちょっと理解ができます。さすが渡部昇一さん、知的。(私に言われたくはないでしょうけど)

 美しく生きるというのは、きっと私たちの生活、人生においても重要なことなんだと思います。現代人道、職人道、親道、子ども道、上司道、部下道、新人道。

 柔道、剣道、茶道、華道、こういった「道」がつくことには、すべて型があって、その型には理由がある。だから美しいのだと思います。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

自分の品格 渡部昇一
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯によれば「この本は即答します!いい人生の築き方!」かっこいい日本人とはこういう人達か・・・と勉強になります。でもトピックがたくさんあるので、読みやすいです。
オススメの対象者:小手先のハウツー本ではなくて、もう少し深い話を簡単に読みたい人。
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

金貸しの条件

人気ブログランキングへ

引用 P75

 たとえば、富士銀行(現在のみずほ銀行)の前身は安田銀行だったのだが、この安田銀行を一人でつくり、明治・大正期の四大財閥の一つである安田財閥を築き上げた安田善次郎という人もそうだった。この人は富山藩の下級武士の息子なのだが、とにかく貧乏だった。それで江戸で身を立てるべく奉公したのが商替商、つまり金貸しの店だったのだ。その後、安田屋として独立し、ほとんど無一文から安田財閥を築いていったのである。だから、ある意味では金貸しの天才と言えるだろう。(中略)

 ある日善次郎が秘書をともなって外出したときのことである。歩き疲れた二人は、とある茶店に入ってお茶を飲み、お茶代と手間賃として一銭とちょっと置いたというのである。そしてまたしばらくして、今度は別の茶店へ行ってお茶を飲んだ。そしてこの茶店を出るとき、善次郎はなんと十銭を置いて出たのである。驚き、不思議に思った秘書が、「前の店では一銭でしたのに、今度の店ではどうして十銭も置かれたのですか」と聞くと、善次郎答えていわく、

「君、わからなかったのか。最初の店のお茶は出がらしだったけれど、二軒目のお茶は新茶だった。お茶代が違うのは当たり前のことだ。物の価値がわからないようでは金貸しは務まらない」




 物の価値がわかることが金貸しの条件だそうです。私は冷凍マグロも生マグロも分からないからな・・・・・。金貸しにはなれません。

 このストーリーは教訓を含んでいて、何も考えなければ、何も見えないってことだと私は思いました。これで高いお茶を飲んで、自分の舌を肥えさせるのも楽しいかもしれませんが、それにはお金がかかります(笑)たまには高いものに触れ、高いものを見て、感性を磨くことも大切なんでしょうけどね。

(お茶、放射能大丈夫なのかなぁ?)

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

自分の品格 渡部昇一
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯によれば「この本は即答します!いい人生の築き方!」かっこいい日本人とはこういう人達か・・・と勉強になります。でもトピックがたくさんあるので、読みやすいです。
オススメの対象者:小手先のハウツー本ではなくて、もう少し深い話を簡単に読みたい人。

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

天職とは何か?

人気ブログランキングへ

引用 P56

 よく、人生論や成功譚などの中に「天職を見つけよ」という大仰に書いてあるものがあるけれども、誰にとっても「今の仕事」が天職だという可能性は高いのではないか。

 以前、司馬遼太郎さんの話を聞いたときに、なるほどそうだと非常に感銘を受けたことがある。司馬さんは仏教に興味を持っておられた関係で、どこそこの禅宗の名僧だとか、どこそこのお寺の高僧と言われている人たちに数多く会われたという。ところが、こういった名僧、高僧といわれている人たちよりも、三十年あるいは四十年間ずっと行商をやって全国を歩き回っている人とか、ずっと一つの物をつくり続けている職人さんたちのほうが、悟りとしては何となく上をいっているような感じを持った、といった趣旨のことを言っておられるのである。(中略)

 天職を求め過ぎるあまり、簡単に職を変えて、あっちでふらふら、こっちで一年などということをやっていたのでは、絶対にいい顔にはなれまい。若い頃にはそのようなところまで頭が回らないのも無理はないが、仕事をしていてもいつも気持ちが落ち着かず、これは天職ではないと何か焦りを感じるという人は、淡々と仕事を続けるというのはどういうことなのかを考えてみるのもいいであろう。




 天職を見つけようとか、好きなことをして成功しようとか(好きですけどね、本田健さん)多いですけど、目の前の仕事で成果を出せない人が、好きな仕事なら出せるかと言ったら疑問です。

 まず目の前の仕事に一生懸命になること、それができて、仕事が楽しくなって、それから天職について考えたら良いのでしょう。

 適当に生きていて、「天職は?」というのは、幼稚園生が「成人したら」と同じくらい遠い感じがします。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

自分の品格 渡部昇一
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯によれば「この本は即答します!いい人生の築き方!」かっこいい日本人とはこういう人達か・・・と勉強になります。でもトピックがたくさんあるので、読みやすいです。
オススメの対象者:小手先のハウツー本ではなくて、もう少し深い話を簡単に読みたい人。

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

気持ちの柔軟性

人気ブログランキングへ

引用 P40
日露戦争の頃までは、日本はもっと柔軟だった。

 大陸で戦争をやるのにどうしても大海軍がなければならないとなると、きちんと適材適所の人事をしていた。たとえば海軍をつくるにはものすごく予算がかかるということならば、予算をしっかり取ってこれる人を大臣にしようとする。政府内で一番押しがきく人物、適任者は誰かと見回すと、それは西郷隆盛の弟、西郷従道だった。

 しかしこの人は陸軍中将だ。太平洋の戦争の頃だと、陸軍畑の人を海軍にもってくるなどということは、絶対あり得ない。ところが、ちゃんと西郷従道を海軍大臣にして海軍をつくってしまう。こういった柔軟性が、明治の頃にはまだあったのである。

 日清・日露の戦争に勝った最大の要因は、日本にこのような弾力性があったからなのだ。当時、田村怡与造という人が参謀本部次長だった。この人は朝から晩まで日露戦争の作戦について考えていたような人なのだが、この人物が死んでしまうと、もう後任を務められるような人物は作戦課には残っていなかった。そこでどうしたか。

 すでに台湾総督や陸相を歴任していた児玉源太郎が、自ら位を下げて作戦本部次長に就いたのである。国のために必要とあらば、現在の地位が下がることなど厭いはしないというわけだ。




 あぁ、柔軟性、フレキシビリティ、大事だよね~。こんな風に軽く納得したと思いますが、柔軟性って結構深いですよ。ご存知だと思いますが。

 柔軟性のなさから、引き起こされる数々の失敗、不幸、ネガティブなモノたち。想像してみてください。

 柔軟性を高めるために「◯◯できない」じゃなくて、「◯◯するためにはどうしたらいいんだろう?」にしたり、「××に決まってる」じゃなくて、「××以外の選択肢はどれくらいあるかな?」にしたり。

 身体の柔軟性と一緒で、考え方そのものをストレッチしないとね。

ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

自分の品格 渡部昇一
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:帯によれば「この本は即答します!いい人生の築き方!」かっこいい日本人とはこういう人達か・・・と勉強になります。でもトピックがたくさんあるので、読みやすいです。
オススメの対象者:小手先のハウツー本ではなくて、もう少し深い話を簡単に読みたい人。


テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

ヨーダ

引用 P196

 こんな話が伝わっている。元総理大臣の宮澤喜一氏は、人に会うと必ず「ご出身は?」と聞いたという。そして「東大です」というと相好をくずし、次に「何学部ですか?」と聞く。これで「東大法学部」となって、初めて親しげに話すようになったのだという。(中略)

 このような学歴偏重の秀才が、では一体何をやったかというと、官房長官の時に、日本の歴史教科書では、近隣諸国の感情を配慮するというような趣旨のことを言ってしまった。そして、実質的に日本の歴史教科書の検閲権をソウルにあずけるようなことをした。自国の歴史観を外国に委ねるなどといった馬鹿なことを平気でやるのが、秀才やエリートといえるのだろうか。また総理大臣の時は、天皇・皇后両陛下の中国訪問を、中国の要請にもとづいて実現させた。中国人は「日本の天皇が朝貢に来た」と受け取った。中国が日本に居丈高になったのは、この時からだと私には見える。




他にも宮澤喜一氏は大蔵大臣時代にバブルを巨大化させ、銀行が潰れる事態を招いてしまった。一瞬、タレントのDAIGOのおじいちゃんかと思いましたが、それは竹下登氏でした。宮澤氏はヨーダっぽい人ですよね。

391px-Yoda_SWSB.jpg

images.jpg

違うかな、似てないかな?

 何にせよ、私は皇室が軽く見られたのは、ダメだったと思います。これだけ続いている系統を持っていることは日本が世界に誇れる文化なので。皇室皇室といっているから、実感ないかも知れませんが、他の国なら「王室」です。

 イギリスの女王様が「朝貢に来た」とは思いませんよね。ヨーダ、ダメだよ。

いつもありがとう(・∀・)
↓ ↓
人気ブログランキングへ

知的余生の方法 渡部昇一
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:1930年生まれの著者の余生に関する考え方、80歳を超える知的な方の意見というのは「年の功」という言葉だけでは足りないほどの何かが入っていると思います。若さって浅はかさでしょう?もくじより「年齢を重ねて学ぶことについて」「健康と知恵について」「余生を過ごす場所について」「時間と財産について」「読書法と英語力について」「恋愛と人間関係について」「余生を極める」
オススメの対象者:これから余生だよというアラ還(60歳前後)から、まだまだ先だけど気分だけ味わいたい若い方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。