努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手切れ金の相場

引用 P146

 諜報活動で、情報を得ようとした女性とトラブルになった時です。たとえば、相手を妊娠させてしまったという状況です。そんなとき、お金で解決するとしたら、どのくらいの金額で解決しますか?

---いくらなのですか?

 およそ、その女性の年収の二倍です。二年分の給与です。年収が二百五十万円のOLならば、五百万円です。ところが、ここで五十万円しか払わないとすると、確実にトラブルになります。




 はぁぁぁ、そうなんですかぁ。

 手切れ金の相場なんて、初めて知りました。私の知人の男性は婚約破棄で慰謝料をもらいましたが、きっと今読みながら「えぇぇぇぇぇぇぇ(泣)」と思っているかと。金額は聞いていませんがきっとそんなに貰っていない。まぁ男性ですからね。

 皆さん、女性とトラブルになった時には、上記のような最悪の状況になるので、ご注意を!!

 
今日のネタは役に立ちましたか?
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

人たらしの流儀 佐藤優
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:対ロシア外交で「外務省のラスプーチン」と呼ばれた著者のネタは普通に生きていたら知り得ないことばかりなので純粋に面白い。
オススメの対象者:裏表紙より「情報の収集、分析、読書術、交渉事のかけひき、お金との付き合い方、人脈の広げ方・生かし方・・・etc.」を知りたい方
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

婚活ビジネス

引用 P122

 ところで、この婚活で、誰が儲かっているか考えたことありますか?

---その婚活の場を仕切っている仲介業者のような人々でしょうか。

 そうなんです。手配師と一緒でしょ。でもこの婚活ビジネス、世の中のために役立っていると言えますか?例外はあるかもしれませんが、女性は自己確認のために、男性はそうとは知らずに参加する。そうしたビジネスで儲けることは、本来人間がやるべき仕事とは思えません。




 この女性が自己確認というのは、婚活合コンで、他の男性たちに言い寄られて、「私はまだ大丈夫」と確認するという行為を指しています。本当か?

 でも、それでも出会いの場だし、結婚したいという人には私は婚活ビジネスを薦めているので、価値はあると思います。実際結婚している人もいるので。ビジネスそのものを否定しているのは著者の個人的な考えだと思います。

 多種多様のビジネスがあることが幸せな文化国家の証というようなことを松下幸之助さんがおっしゃったそうだし。だって「ペットの美容室」がある世界って幸せな世界ですよね。衣食住しかビジネスがない(これらの業界は重要ですが)世の中って幸せで楽しいのかな?

 人によっては無駄に見えることが他の人から見れば価値がある。価値を感じる対象も物的なモノだけではなくて、感情だったり、体験だったり、多種多様です。旅行は代表的ですよね。

 不景気だからダメ、ではなくて、価値を提供できているのか?とチェックしないといけないのですよね。

いつもありがとう(・∀・)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


人たらしの流儀 佐藤優
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:対ロシア外交で「外務省のラスプーチン」と呼ばれた著者のネタは普通に生きていたら知り得ないことばかりなので純粋に面白い。
オススメの対象者:裏表紙より「情報の収集、分析、読書術、交渉事のかけひき、お金との付き合い方、人脈の広げ方・生かし方・・・etc.」を知りたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

見返りを求めない

引用 P60

 だから、まず、お金さえ蓄えれば、自分のすべてが満たされる、という欲を実現させようとする悪い病気から離れることが大切です。あのロックフェラーもそうだったでしょう?(中略)

 そうです。役人だってできますよ。自分の給与から社会のためにお金を出すのです。還元先は、本当に社会的に弱い人で、必要な所に、身銭を切る。決して、名誉や見返りを求めないで使うのです。




 著者は収入の2割を世の中に還元することを「天に宝を積む」と言って薦めています。年収が200万以下の場合は5%、10万円を他者のために使うと。

 分かち合うという行為を著者は薦めているのだと思います。分かち合わないと「足りない、足りない」になってしまいます。悪い病気になってしまう(笑)

 以前、教わったことに「自分は寄付できるくらい経済的に恵まれているのだ」という自分に対する信頼、アイデンティティを得られるから、寄附するという行為は結果的に自分の収入を上げるらしいです。ここを狙ってやっていたら、純粋さはないですが、自己認識を向上させるには、「気が向いたときに寄付しています」よりも「毎年必ず」とか「毎月」とか、ルールにもとづいてやっていた方が良いような気がします。

 収入が多いときだけ寄付しますという考え方は、減って寄附しない時に自分への認識を最悪の方向へ持って行ってしまうと思うからです。「俺は寄附できなくなった。稼げなくなった」です。考えるだけでも怖い、自分への無意識の感情。

 毎年、自分にとって、少し痛いなと思う金額を還元してみましょう。著者の言うように2割でなくても、とにかく止めないで済みそうな金額で良いので継続的に行って、自己価値を向上させてみましょう。

 とは言え、そういう行為を「偽善者」と言う人も多いので、こっそり行うのが一番です。もしも「お金で『自分は寄附をしたという優越感』や『良いことをしている自分という自己満足』を買っているだけでしょう?」と言われたら「えぇ、そうですよ。デパートでもTDLでも買えない素晴らしく気持ちいい感情を買っているだけですよ」と言い返してみましょう。

いつもありがとう(・∀・)
 ↓ 
人気ブログランキングへ

人たらしの流儀 佐藤優
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:対ロシア外交で「外務省のラスプーチン」と呼ばれた著者のネタは普通に生きていたら知り得ないことばかりなので純粋に面白い。
オススメの対象者:裏表紙より「情報の収集、分析、読書術、交渉事のかけひき、お金との付き合い方、人脈の広げ方・生かし方・・・etc.」を知りたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。