努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさま より

人気ブログランキングへ

引用 NHK 朝の連続テレビ小説『おひさま』より

主人公:陽子の言葉

「けっして今に比べれば豊かではないかもしれないけれど、子供がね、お腹いっぱいご飯を食べるのを見ているのは、もうホントに幸せだった」



 お腹いっぱい食べられることなんて当然だと思っていて、

「コレステロールが高い」

「血糖値がまずい」

「中性脂肪が・・・・」

「とうとう脂肪肝に・・・・」

「ダイエットしなきゃ」

こういった悩みというのは、次元が違うな。

連続テレビ小説って初めて見ていますが、やはりNHK。CMがないことも含め、最高。


いつもありがとう(・∀・)
↓ ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

ザ・シフト

Amazonの商品紹介より引用

名声を得ようとあがく映画監督。どこまでも求めることをやめないビジネスマン。家庭と育児に追われ本来の自分を見失った母親。
……海辺の町で交差する彼らの物語は、それぞれの転換【シフト】を経て、「人生の意味」へ、源【ソース】へと向かい、流れはじめる。 尽きることのない欲求やフラストレーションに支配された時間が、人生の意味を知る旅へと転じたとき、人はどこへ向かい、歩きはじめるのか? ―― 心理学者: ウエイン・W・ダイアー博士は言う。 “私たちは親や社会から、物事の価値や道理を学んでゆく。成果を上げ、その蓄積のうえにある幸福を思い描くようになる。私たちの「エゴ」は、そうして形成されてゆく。自分を突き動かしていたのはエゴたったのだと気付いたとき、はじめて私たちは自らの存在の源【ソース】に触れる。源【ソース】は常にそこにあるのだと知る。そこで起こる意識の転換を『シフト』と呼び、私たちは、思いやりと配慮に満ちた人生に、ただ身を委ねる。




 これは尊敬する経営者の方にお薦めされて、見ました。お薦めされたので「見なきゃ!」と思い、見ました。あまりに疲れていたタイミングで、途中で眠ってしまい、映像を何度も戻して見直しました。

 内容がとても良いので、すべての大人にお勧めしたい1枚です。私ももう一度見直して、良い言葉を書き留めたいと思っています。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ
ザ・シフト [DVD]
このDVDの評価:★★★★★
オススメの理由:人生ですごく大切な考え方を教えてもらえるDVD。見るだけでプラスの多い作品。
オススメの対象者:誰でも!!子供には難しいかもしれません。

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

白熱教室JAPAN

引用 7月10日放映 NHK教育 白熱教室JAPAN 東京工業大学 第3回 自由の制限はどこにあるのか 東京工業大学 社会理工学研究科(大学院) 宇佐美誠教授

「是々非々で、その場その場で考えてしまうと、例えば、自分が直感的に持っている道徳的な判断が、実はよくよく考えてみると歪んだものであるかもしれない。

 例えば昔書かれた小説、昔書かれた、あるいは研究者が書いたものでもいいですけれども、そういったものを読むと、本人は全然そんなつもりはないでしょうけれども、差別的な用語が書かれていることがありますね。で、その用語を使うこと自体の是非という問題と、それからその背後にある、ここが大事ですが、その背後にあるような差別意識をその人も共有してはいないだろうか、というような問題がある。

 やっぱり我々は科学技術だけではなく、道徳的に社会はだんだん良くなっていくということがあるので、今は当たり前だと思ってたことが、実は後から考えてみるとそうではないということもあるんですね。だからこそ原理づけられた思考というのがより重要になるとというふうに考えるべきだと思います。」


 ハーバード白熱教室という番組が以前NHKで放映されていました。論理的に議論しましょうという?番組なんですが、私にとってとても新鮮でした。

 で、たぶんそれを真似て日本版ができて、それがこの「白熱教室JAPAN」なのかと。

 数回見ましたが、いかに私たちが、「常識でしょう」と思っていることが、別の視点から見たら全然違うものになるのかということを知りました。

 常に反応してしまう、自分の意識、道徳的な判断は実は歪んでいる(可能性がある)。そのことを知った後と、前では、大人と子どもという位の違いが出るんじゃないかな。
 
 見てみたいな・・・という方はホームページを見てください。その情報のよると、夏は特別編成のため「白熱教室JAPAN」は休止いたします。だそうです。


ランキング参加中です。この記事が良かったらポチお願いします。
↓ ↓
人気ブログランキングへ

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

NHKドラマ下流の宴

引用 下流の宴 最終回より

「人生最後はみんな負けるんだ。ほら、蒸気はディーゼルに負けたしさ、ひかりはのぞみに負けた。

負けるのを勉強するのが人生、だよね~。」



 これは黒木香主演?の息子がニートで困っちゃう!というドラマでした。タイトルは『下流の宴』です。

 上記のセリフはNゲージ(鉄道模型)をメインにした小さい居酒屋さんで、蛭子能収さんのモノです。そして、確かに人生って「負け」を勉強することなのかも。

 ずっと「勝つ」ために頑張って頑張って頑張って、家庭崩壊とか聞きますよね。知人が数年前は奥さんは自宅で専業主婦だったけど、最近は奥さんも朝早くに出勤して、昼間は誰も家にいない家庭が多いと言っていました。

 マイホームを購入して、結果として家族の時間が減っているのだとしたら、本当に欲しいものはなんだったのかなって思うのです。

 自宅のお風呂に水垢がつくのが嫌で自宅ではシャワーのみの人、せっかく建てた家を傷つけたくないから画鋲禁止(=カレンダーは卓上の小さい物だけ)の家、雨の日は車が汚れるから車を使わない。

 これって、人のためのモノ?モノのための人?

いつもありがとう(・∀・)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

告白<松たか子>

引用 告白DVD

A0002598-06.jpg

私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。



 映画は常に原作を超えられないものなのだなと再認識しました。もしも原作を読んでいなければ、きっと★4つになっていたかも。

 そもそも、この告白、誰で映画化したいかと友人と話していたときの主役は、松たか子さんではなく、永作博美さん。その方がこのストーリーも重さや狂気さが出たんじゃないかと思っています。観たかったなぁ、永作さんヴァージョン。(←すごい勝手な妄想)




こちら、文庫で出ていますが、2009年本屋大賞、2008年週刊文春ミステリーベストテンで1位。

永作さんヴァージョンで、ドラマ化されないかなぁ。どなたか、お薦めの女優さんいます?


いつもありがとう(・∀・)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


このDVDの評価:★★★☆☆

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。