FC2ブログ
努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

製薬会社の闇

引用 P135

 世間の人々が想像する以上に、医療というものは、かなり未確定な知識の上に成り立っているものなのである。

 しかもそこに経済的な要因が絡み合う。たとえば、高コレステロール血症の治療開始値が少し下がるだけでも、日本だけで対象患者が何百万人と増えることになる。これは高コレステロール治療薬のマーケットが何千億円と拡大することを意味する。このような背景を考えれば、製薬会社が主導する病気の啓蒙活動において、中立的な情報を発信することがどんなに難しいか、理解していただけるのではないかと思う。

 うつ病の啓発活動サイトに「欧米ではうつ病は薬によって治すという認識が社会に浸透しています」と記載する製薬会社はあっても、「英国では軽症うつ病に対して最初から抗うつ剤を処方することは勧めていません」と記載するような製薬会社はないだろう。




 私コレステロール高くて、薬を勧められているんですよ。でも飲みたくなくて。ただ抗コレステロールは薬の売上1位で年間2000億円前後らしく、その薬を決定する厚労省のお役人さんやお医者さんとの癒着も以前から言われているし、研究の寄付金も製薬会社から貰っていたら、その製薬会社に都合の悪い論文なんて書けないですよね。

 この本では「なぜこんなにうつ病が多いのか」というテーマで、病気を作ってしまっているということを主張しています。

 もちろん、これはあくまでも一方の見方であって、厚生労働省の決定が正しいという見方もありますよね。2000億ですからね、大きい数字。これがコレステロールの基準を緩めたら、患者数が減ってしまうのです。減らしたくない利害関係者は多いですよね。

 ただ、今回の原発報道を見ていても、新聞テレビとネットでは、情報に開きを感じますし、国の意向に沿って報道する姿勢が見えたので、こういった懐疑的な見方も必要だと思っています。

人気ブログランキングへ
↑ ↑
いつもありがとう(・∀・)

なぜうつ病の人が増えたのか 冨高辰一郎
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:テレビ新聞などの既存メディアでは語られない「放置しても治る」などの情報がたくさんで「うつ病」や「精神安定剤」について知ることができます。
オススメの対象者:うつ病・精神安定剤などについて知りたい方
関連記事

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

私が痛風でかかったお医者さんは、「まだ年齢も若いし、尿酸値を下げる薬は出したくない」と生活習慣の改善を指導してくださいました。いいお医者さんに巡り合った証拠だと思いました。ふつう、痛風と診断されたら尿酸値を下げる薬を出されて、それを10年単位で飲み続けるだけ…みたいなので。
さすがに発作を抑えるために消炎鎮痛剤はいただきましたが、それも必要最低限の量の処方でした。
なんていいお医者さんなんだ、と、改めて思います。

[2011/06/15 19:35] URL | 閣下 #X.Av9vec [ 編集 ]
閣下、コメントありがとうございます。身体は大事にしてくださいね。幸せの第一条件なんですから。そして良いお医者さんだと私も思います。良かったですね。

お医者さんにも色々あって、何が正しいとかないみたいです。時と場合により?

1)強い薬だけど一気に治してしまって、その後飲まないで良いように・・・・。

2)強い薬は毒だから、穏やかな薬だけを処方する。治らなければその時強い薬を。

多分、どちらも良い先生ですが、私は「即効性」を求めるので1番の先生が好みです。でも「できるだけ薬を体内に入れたくない」という自然派の人は2番の先生が合っているかと。

[2011/06/17 21:05] URL | マツオカ #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック