FC2ブログ
努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

少子化の原因

引用 P206

 デフレには、需要縮小が需要縮小を呼ぶ悪循環の他にも、複数の「国家的な問題」があります。1つ目は、少子化です。実は現代日本に限らず、デフレとは「少子化」を普通に引き起こしてしまうのです。

 たとえば、約300年前の日本において、元禄バブルが崩壊し、跡を継いだ徳川吉宗が「ぜいたくは敵だ」とばかりに、幕府の財政を切り詰める(プラス増税)緊縮財政路線を採りました。いわゆる「享保の改革」です。「バブル崩壊後の緊縮財政」という、どこかで聞いたような路線を突き進んだ結果、日本国内は米価が暴落するデフレ状態に突入し、農民一揆が頻発します。さらに、石高すなわち「米の量」で給与をもらっていた武士までもが、不穏な状態に陥ってしまったのです。結果、日本は少子化になりました。




 世界大恐慌下の1930年代のアメリカでも結婚数や出生数が激減したそうです。失業の危機に怯え、給与水準も伸びず、将来に希望が持てないと少子化になるそうです。

 少子化とは、最近のことだとばかり思っていましたが、不況時には何度も起きていたんですね。ということは「デフレ」対策が一番大事ということなのでしょう。

 この三橋さんという方は、無駄でもいいから公共投資やれ、まずは景気回復させないとどうにもならないという主張もされていますが、私もジャブジャブとお金を市場に流してほしいと思います。多少のインフレでも、年金暮らしのご老人だけ何とかしてもらえれば、働いている人たちは頑張ればいいや・・・と。

 そうなると「事業仕分け」よりも「ジャブジャブ自民党方式」の方が今の日本には良いのでしょうね。ただ、途中で「既得権益」みたいに抜かれちゃう割合が昔と比較して、ひどくなっているのかな。「国民バカだから、これぐらいいいでしょ?」って、そういう雰囲気感じます。

人気ブログランキングへ
↑ ↑
ランキングのボタンを押してくれるとポイントが入り、ランキングがアップします。最近、ポイント少ないんですよね(T-T) ポイントデフレ?

経済ニュースの裏を読め! ~世界経済編~
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:読みやすいし分かりやすいです。52のトピックでアメリカ、欧州、中国、新興国、日本と説明していて、私のような経済オンチでも理解できます。
オススメの対象者:経済って難しい!!と思っているけど興味のある方
関連記事

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

ケインズ再来ですか?
昨今少し廃れていたケインズ理論がにわかに復活してきています。私はその意見に賛成です。
フリードマンの評価の高いアメリカにおいてマネタリストの人たちによる意見が優先されて、その政策による弊害こそがデフレではないかと個人的には考えています。
経済はアメリカだけではありません。そんな考えをもって政策を考えていったもらいたいと思います。

[2011/07/04 08:53] URL | 蒲島 #xiqBq4TE [ 編集 ]
うわぁ・・・・。「いいね!」の横に数字が着いた~。感動。

蒲島さん、コメントありがとうございます。ツイートもありがとうございます。そして「いいね」もそうですよね?嬉しいです。

私は経済オンチで素人考えなのですが、徐々にインフレ、経済成長を続けるというのが理想の形かなと思います。

でもある程度の経済成長のあとに、精神的な成長が発生して、若干貧しく、でも心が充実して過ごすというスタイルも必要なのでは?とも思います。

で、しばらく「心の好景気」を過ごしたら、人口が増え始めて、経済的な好景気に入るといった長期サイクル。

心の好景気のためには国家的な価値観教育が必要だと思っています。それをやると右傾化とか言われちゃうんだろうな。

大組織(国家)は大変ですね。
[2011/07/04 21:42] URL | マツオカ #- [ 編集 ]
お金は既にジャブジャブみたいです。ジャブジャブな金融政策の中でのデフレなので困ってるみたいです。金融理論はよくわかりませんが、マクロ的には手詰まりではないかと。無駄なのが分かってて公共投資するなんてちょっとアレです。移民を積極的に受け入れるしかないと思うんですけどどうでしょうか。
[2011/07/04 22:57] URL | かすが #- [ 編集 ]
ちょっと偏っているかもしれませんが(笑)
昔ながらの日本人の気概みたいなものが実は正解なのではと思っています。
一本すじの通ったものがほしいですね!!!
[2011/07/05 09:34] URL | 蒲島 #xiqBq4TE [ 編集 ]
私はいつも、人口が少ないほうがエコだし、夢と魔法の王国の行列も通勤ラッシュもなくなるしいいなあ~。と、思っています。…え?それじゃだめですか?
ただ、人口の増減は歴史的にも幾度も繰り返しているわけですし、経済学以外にも生物学?とか哲学とか心理学とか…さまざまな見地からの意見もありますから、あんまり氣にし過ぎないでもいいのではないか、と、思っています。楽観的過ぎるかもしれませんが、我々にはどうすることもできない自然の見えざる力としての人口減少だとしたら、少なくなったら少なくなったなりの対策をしていけばいいのではないでしょうか。近視眼的にみると危なそうに感じるかもしれませんが。
[2011/07/05 19:38] URL | 閣下 #- [ 編集 ]
なんかケインズとか難しいんですけど、そんなのあんまり関係ないとか思ってます。素人ですけど。webと、物流の効率化で国際競争が激しくなって相対的に日本が沈んでるだけかと。輸出でやってくのは無理なので、国内需要を増やすしかなくて、じゃあ移民かなと。ケインズ的な需要喚起は過去20年やってもだめでしたし。でも多様性を認めないっぽい今の日本ではそれも無理かと。結局手詰まりなので、今後の日本経済は相対的には沈んでいくと思ってます。お金以外の価値を見つけないといけないかな~とか最近部下のMに言ってみたり。全然理解してもらえませんが。
[2011/07/05 23:48] URL | かすが #- [ 編集 ]
かすがさん、蒲島さん、閣下、コメントありがとうございます。

なんだか、この記事、コメントが多くて良いですね。嬉しいです。

そして移民問題は大変ですよね。私は移民も参政権を持った方が良いと思っているし、自分が移民になった時にそのように受け入れてもらいたいと思っています。なかなか難しいんでしょうね、国家としては、一定数以上になると政治に入ってきて、既得権益壊されちゃうっていう、まさかそれが嫌で・・・・・。

蒲島さんの仰る通り、一本筋の通った日本人になることも一つの解決策ですよね。「耐える」とか。この「耐える」は建設的に耐えるってことです。

閣下の夢と魔法の国ですが、行列なくなると、本体が運営可能なんでしょうか?そうなったら千葉県が買い取って、「チーバくんランド」作りたいですね。それでデザートはビワゼリー、ランチはうなぎとか、そういった千葉のワンダーランドにしたいです。

入園者数激減でしょうね。「チーバくんのハニーハント」とか「イッツア チーバくんワールド」とか。却下ですね、はい。

> お金は既にジャブジャブみたいです。ジャブジャブな金融政策の中でのデフレなので困ってるみたいです。金融理論はよくわかりませんが、マクロ的には手詰まりではないかと。無駄なのが分かってて公共投資するなんてちょっとアレです。移民を積極的に受け入れるしかないと思うんですけどどうでしょうか。
[2011/07/07 08:42] URL | matsuoka #- [ 編集 ]
>行列なくなると、本体が運営可能なんでしょうか?

…わからないです。(笑)でも、きっと、夢と魔法の王国だから大丈夫です!…という、私みたいないい加減なやつが多いからいつまでたっても日本はよくならないのでしょうか。(汗)
私は人口が減って、社会も縮小していっても、日本が日本であるならばそれでいいです。日本が日本であるとはどいうことか、というのが私の人生の主題です。
[2011/07/07 19:36] URL | 閣下 #- [ 編集 ]
閣下の言う、日本が日本であることというのは、ずっと考えても答えが出ないものですね。

日本人としての誇りを持ち続けたいですね。

ちなみに夢と魔法の国は行列がなくなったら、跡形もなく、溶けてしまいそうです。「夢から醒めた」浦安市になると思います。溶けてしまったら地価も下がりそうです。
[2011/07/08 19:37] URL | matsuoka #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック