FC2ブログ
努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

子どもは6歳で人間の死を理解する?

人気ブログランキングへ

引用 P141

「人は死ぬ」ということを、子どもは何歳になればわかるのでしょうか?1948年にハンガリーのマリア・ナギーという心理学者が、3~10歳までの子どもを対象に調べています。その結果、「子どもは9歳で人間の死を理解する」というのが、世界的な共通認識になっていました。しかし、「兵庫・生と死を考える会」(「生と死の教育」研究会)が2003年におこなった「幼児・児童の死生観についての発達段階に関する意識調査」では、日本の子どもたちは6歳になると、約80%は「人の死」というものがわかるという結果が出ているのです。

 どこでわかるのかといえば、「自分」と「お母さん」の存在です。三歳児くらいでは、「自動車は動くから生きている」と答える子どももいますが、四歳、五歳になると、生きていないということが理解できるようになるのです。そして、生きものが死ぬということもわかりはじめ、五歳児の70%くらいは「ペットは死ぬ」「お父さんも死ぬ」と答えます。でも、自分とお母さんは「死なない」のです。この段階では、子どもにとっての"死"は「なくなってもいいもの」と同じような意味なのですね。

 これが六歳になると、「ペットも死ぬ」「お父さんも死ぬ」「お母さんも死ぬ」「ぼく(わたし)も死ぬ」と答えるようになります。そこで、"人の死"というものを理解しているかどうかがわかるわけです。




 今、おとうさんという立場にある方の心の声は

「なくなってもいいもの」

「なくなってもいいもの」

「なくなってもいいもの」

こんなに頑張っているのに~(泣)


日本の子どもは6歳で理解するってことは、9歳論をとっているハンガリーよりも、大人ってことね。

 ちなみは私は、クルマは生きていると思っているから、中古で売るのが辛くて、なるべく壊れるまで乗りたいと思うし、ぬいぐるみやお人形のような形のあるモノは、供養してからじゃないと捨てられないので、菩提寺にお願いして、お焚上げしてもらっています。知能指数5歳位です。


いつもありがとう(・∀・)同情の一票をください。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

悲しんでいい―大災害とグリーフケア 高木慶子
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:グリーフケアの第一人者が説く、悲しみに寄り添う心構えを知ることができます。災害が起きた時にどのようなことが起きているのか、現地にいない私たちが少しでも被災者の方を理解するために最適な本。
オススメの対象者:グリーフケア、傾聴に興味のある方

関連記事

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

そういえば6歳くらいの頃やたらと「誰々が死んだらどうする?」とか聞いてましたね、ワタシの子。親離れ・子離れの助走期間なんでしょうかね。一人になっちゃいますね~ワタシ。
[2011/09/14 03:32] URL | かすが #- [ 編集 ]
やはり、子どもも死を意識するんですね。7歳頃の夏、ひいおばあちゃんが亡くなったのですが、お葬式が楽しかった記憶しかありません。人がたくさんいて遊んでくれたので、嬉しかったんです。

知能低いですね。7歳なのに。

13歳で祖父がなくなった時には、ちょっと呆然としました。衝撃的すぎて。すごく悲しかったし、人生って有限だって思いました。まだ65歳だったし、直前まで元気だったのに。

[2011/09/17 19:39] URL | 松岡薫 #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック