FC2ブログ
努力的読書日記 本好き人生37年
ほぼ1万冊を読んだ本好きが書く「引用&感想」

男性エネルギーを高めたいなら・・・・

人気ブログランキングへ

引用 P162

 男たちがこの男性エネルギーを高めたいなら、まず男性とだけいる時間を増やさなければいけません。女性がひとりでもいると、その時間はアウトになってしまいます。台所のほうにいる分には構いませんが、しかし、こちらには男性しかいません。

 そして、そこで何をするかというと、自分の基準を引き上げなければならないところを仲間の男性たちから指摘してもらうのです。

「キミ、この辺りはまずいんじゃないのか」

 ここで、大きな成長になるやり方というのは、自分の最も恐れているものをその男性たちに告白し、それに対してチャレンジ・課題を出してもらうということです。

 男性なら、子どもの頃に必ずやったことがあるはずです。

「◯◯が怖いよねぇ」

「うん。怖い”」

「じゃぁ、お前から行けよ!」

 これはDNAそのものに入っています。これは大人になってからでも、職場などでやり続けるはずですが、女性たちがそこに進出してきてできなくなってしまったのです。




 自己啓発セミナーなどで、自己否定される経験をかなりハードに行うところがありますが、あれはここでいう男性エネルギーを高めていることになります。男らしくなり、仕事に対しての取り組み方や人生への積極性が高まります。それは或る意味、幸せな洗脳です。男性にとっては。

 そして女性は高い男性エネルギーを求められる場所に長くいたりすると体調を壊したり、精神的に病んでしまったりするので、そのようなハードなセミナーはやめた方が良いと以前アドバイスを受けて、それ以降はハードなものには行かなくなりました。ナチュラルなセミナー?に行っています。

 男性エネルギーバリバリで、自分が良い経験した男性は「すごくいいから、行った方がいいよ~」と一生懸命誘ってくれるので困ります(笑)私は女性ですので、チャレンジでは伸びないのです。

 とは言え、男性なのに「ハードなフィードバックは・・・・・」という人は、外見ではなく内面の女性の性が強い
のか、それとも男性だけどまだ子供なのかのどちらかなんでしょうね。

 男性は同性からの厳しいフィードバックで伸びるんです。一種「父を超えていけ!」というような。

 以前、ある飲み会で、私の知人が後輩を「そんなんだから、どこにいっても仕事できねぇんだよ」と叱っていて、後輩は泣いていて、私は

「なんてひどい言い方をするんだ、彼は!」

と思っていましたが、その後輩は今でも知人の仲良しです。つまり知人は後輩をしっかり男にしていたということなのです。

 私はその時は無知だったので、衝撃でしたが、最近納得しています。

 とりあえず、男性の皆さん、後輩に

「こんなこともできねぇなんて、お前はお嬢ちゃんだな(怒)」位の愛情を捧げてみてはいかがでしょうか?

この記事が役にたったら!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:男女の違いがよく分かります。
オススメの対象者:帯より「彼氏にふられた、家庭が崩壊しそう、異性が分らない・・・愛億を読むべし!」

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

損金算入できるよ

引用 P328

 節税の第一の原則は常にビジネスを行うようにすることである。

 人が税務上のトラブルを抱えるのは、往々にしてビジネスを行なっている実態がないのに、偽って経費を申告する時などである。

 しかし、積極的にビジネスを行なっていれば、それにかかる経費は損金算入できるはずだ。

・スカイダイビングに行けば、写真を撮り、会社のホームページなどに利用する。そうすれば、この活動は、広告宣伝のロケ費用になる。

・私の友人は、ロールスロイスを所有したいという願望があった。その車を経費にするためにどうしたのだろうか。高級外車のレンタルビジネスを開始したのである。

・もうひとりの知人は、セミナー・教育ビジネスを開始し、セミナーを自宅のリビングルームで開催することにした。そうすることにより通常の規定より自宅の面積が多く経費算入を認められた。

 常にビジネスを行うようにしよう。




 海外旅行は、上記の方法で損金算入できます。これって裏技ですよね。ずいぶん昔から著者はセミナー成功の9ステップで言っていました。(9ステップのHPの参加者の声に実は私の声が載っています)

 そして「友人との食事の時に、なぜ営業しないんだ?営業すれば食事代は経費だ」と主張していました。中小企業の社長さんは個人的な飲み食いを経費で落とす人が多いですが、その時に必ず仕事の話をすることです。そしてレシートに「○○の件、依頼」とか「××の購入を勧めた」などと書いておけば立派な経費。

 上記のような経費にできる、できないに関係なく、仕事とプライベートを分ける人が多いですが、私はゴッチャにすることをお薦めしています。

 その方が幸せだと思います。ゴッチャにして全部が「私の大切な人生」です。

人気ブログランキングへ
↑ ↑
いつもありがとう(・∀・)

お金の科学 ジェームス・スキナー
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:お金について目からウロコが落ちるようなヒントがたくさんつまっています。ジェームス・スキナー氏のセミナーも楽しいですし。
オススメの対象者:お金が欲しい方・給料を上げたい方・業績を向上させたい方・自分のビジネスをもっと成功させたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

お金を受け取る権限

引用 P281

 多くの企業では、従業員が自分で意思決定をすることが禁止されている。マニュアルに入っていなければ、できない。規定に入っていなければ、売ることができない。

 これは絶対に変わらなければならない。

 自分の会社は、商品やサービスと引き換えにお客様の大切なお金を受け取るために存在している、ということを従業員に教えよう。

 それは会社の存在意義そのものだ。

 お客様に仕え、そのお金を受け取る権限を従業員に付与しなければならない。

 そして大切なことは、従業員が妥当な価格設定ができるように、彼らに十分なコストなどの情報を与えてあげることである。

 従業員は、思っている以上に知力がある。

 いや、多くの場合、彼らを管理しているはずのマネージャーたちよりも発想が豊かなのだ。




 多くの管理者は部下が勝手に判断することを嫌います。それは「自分が失敗したくないから」です。

 そういう管理者は「ダメ」です。

 えへへ。痛いでしょう?


人気ブログランキングへ
↑ ↑
ランキングに参加しています。ここをポチすると今このブログが何位か分かります。いつもありがとう(・∀・)


お金の科学 ジェームス・スキナー
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:お金について目からウロコが落ちるようなヒントがたくさんつまっています。ジェームス・スキナー氏のセミナーも楽しいですし。
オススメの対象者:お金が欲しい方・給料を上げたい方・業績を向上させたい方・自分のビジネスをもっと成功させたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

100円の価値

引用 P191

 今すぐに考え始めてください。

 あなたのできることで、100円の価値があるものは何か。

 あなたの作れるもの、できること、知っていること、組織化できるもので100円の価値があるものは何か。

 必ずある。

 ほかの人の生活に100円の価値を提供することは、誰にでもできることだろう。

 いや、100円の価値を提供する方法はひとつではなく、十個でもすぐに打ち出せるに違いない。

 それを今すぐ書き留めてみてください。





 何がありますか?あなたが生み出せる価値で100円以上の価値があるものは?






























私も考えてみました。

・掃除
・洗濯
・料理
・肩もみ
・お風呂掃除

なんか、子供のお手伝いみたいですね。仕事にします。

・専門家の紹介
・コスト削減
・業務の棚卸し
・家賃交渉
・金利交渉
・リストラ(人の首切りだけではないですよ。100円で切りたくない~)
・P/LやBSについての講義

こっちの方が高そう(笑)100円じゃなくて成功報酬で欲しいわ。でも逆に10万の価値がある?って聞かれるとちょっと怖くなります。責任が伴うから。100円って言われると色々出る。心理的なブレーキを外す効果があるのかもしれません。

あと、「あなたが読んだら良さそうな本の提案」これは自信あります。そして本好きな人との会話はとても楽しい。

人気ブログランキングへ
↑ ↑
いつもありがとう(・∀・)

お金の科学 ジェームス・スキナー
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:お金について目からウロコが落ちるようなヒントがたくさんつまっています。ジェームス・スキナー氏のセミナーも楽しいですし。
オススメの対象者:お金が欲しい方・給料を上げたい方・業績を向上させたい方・自分のビジネスをもっと成功させたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

あなたが問題

引用 P161

 上司の所に決して問題を持ちかけるようなことはしない。上司に問題を持って行って、それを解決してくれるように頼んだところで価値がない。その代わり、問題解決を上司の所に持って行くようにしよう。

 次のように言う。

「問題が発生しています。そこで、対処策を二つ考えてきました。この進め方について、ご意見を頂きたいと思っています」

 問題解決の一部になっていなければ、あなたは上司にとって問題の一部である。そして、問題にお金をかけたいという上司は、おおよそいないものだ。




 なんか、笑ってしまうネタですが、思い当たりますね。

「あなたは上司にとって問題の一部である」なんて実生活では言われません。たとえ、その通りであっても(笑)

 私が勝手に定義した「管理者とは観察して解決する人」という視点で見ると解決するためのプランを上司に提示できたら、あなたは立派な管理者であるということです。

 最初は自信がなく、提案しても、上司に「こっちの方がいいよ」と一蹴されるかもしれません。でもちょっと恥ずかしかったり、バカにされたようで屈辱感を感じたりしても、それを避けて過ごしている男らしくない同僚よりもきっと成長できるんじゃないかと思います。

 どうぞ、問題から離れた人になってください(笑)

人気ブログランキングへ
↑ ↑
ありがとうございます。

お金の科学 ジェームス・スキナー
この本の評価:★★★★☆
オススメの理由:お金について目からウロコが落ちるようなヒントがたくさんつまっています。ジェームス・スキナー氏のセミナーも楽しいですし。
オススメの対象者:お金が欲しい方・給料を上げたい方・業績を向上させたい方・自分のビジネスをもっと成功させたい方

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

最新記事

最新コメント

プロフィール

yossy

Author:yossy
千葉市在住の30代です。子供の頃から読書が好きで好きで好きで好きで、無人島に行くなら書店を持っていきたいです。

幼少期の読み聞かせから、童話、名作、コミック、ビジネス書、フィクション、月刊誌、オヤジ系雑誌まで何でも読む活字中毒です。本がないと眠れません。

ブログランキングへのポチやコメント、メールを頂けると更新の励みになります。頑張りますのでよろしくお願いします。

全記事表示リンク

カテゴリ

青木仁志 (3)
朝倉慶 (3)
アルボムッレ・スマナサーラ (7)
アービンジャー・インスティテュート (3)
伊集院静 (8)
石原結實 (1)
泉正人 (9)
伊勢白山道 (2)
伊吹有喜 (1)
稲盛和夫 (6)
井上和弘 (7)
井上裕之 (3)
岩崎聖侍 (5)
岩松正記 (3)
ウィリアム・ユーリー (3)
上杉隆 (6)
臼井由妃 (2)
宇野隆史 (7)
浦登記 (2)
漆原直行 (3)
江上治 (5)
エックハルト・トール (3)
N・J・ゴールドスタイン (9)
榎本博明 (4)
大木豊成 (4)
大前研一 (5)
大村大次郎 (0)
岡崎太郎 (4)
岡田尊司 (1)
岡本吏郎 (3)
奥野宣之 (3)
鬼塚俊宏 (4)
海堂尊 (1)
鍵山秀三郎 (7)
角田光代 (2)
片田珠美 (5)
勝間和代 (17)
加藤諦三 (9)
加藤ゑみ子 (5)
金児昭 (5)
金子由紀子 (5)
門倉多仁亜 (3)
樺沢紫苑 (4)
神田昌典 (11)
香山リカ (1)
川北義則 (4)
鬼頭宏昌 (3)
木野親之 (16)
木村政雄 (1)
工藤美代子 (1)
熊坂仁美 (3)
小池龍之介 (4)
古賀茂明 (3)
ココロ社 (8)
小松易 (3)
小山信康 (3)
小山昇 (2)
近藤麻理恵 (3)
齊藤勇 (3)
坂巻久 (3)
坂本光司 (5)
佐々木俊尚 (3)
佐藤一斎 (3)
佐藤優 (3)
ジェームス・スキナー (12)
嶋田有孝 (4)
嶋津良智 (3)
下田直人 (1)
白石拓 (1)
白駒妃登美 (3)
正垣泰彦 (3)
新堂冬樹 (1)
スティーブ・ジョブズ氏関連 (3)
清宮普美代 (4)
千田琢哉 (8)
曽野綾子 (16)
高木慶子 (4)
高田靖久 (3)
高野悦子 (1)
竹田真砂子 (4)
橘玲 (6)
ちきりん (9)
千田潤一 (4)
童門冬二 (2)
トム・ピーターズ (7)
ドナルド・O・クリフトン (4)
苫米地英人 (9)
冨高辰一郎 (4)
ドミニック・ローホー (26)
内藤誼人 (8)
中田昌秀・加藤友康 (3)
中川淳一郎 (6)
中沢康彦 (3)
中谷彰宏 (3)
中野剛志 (3)
南雲吉則 (3)
成毛眞 (5)
西村賢太 (1)
灰谷孝 (5)
パコ・アンダーヒル (6)
長谷川和廣 (8)
東川篤哉 (1)
東野圭吾 (8)
姫野友美 (4)
廣宮孝信 (5)
P.F.ドラッカー (4)
福島文二郎 (2)
藤川太 (3)
船井幸雄 (6)
宝彩有菜 (3)
保坂隆 (6)
星野仁彦 (18)
堀江貴文 (3)
堀之内克彦 (5)
本田健 (8)
本田直之 (7)
牧田善二 (6)
眞喜屋実行 (2)
松井順一 (5)
マネー・ヘッタ・チャン (4)
満尾正 (1)
三津田富佐子 (6)
三橋貴明 (9)
皆木和義 (4)
向谷匡史 (3)
村上春樹 (5)
茂木健一郎 (2)
藻谷浩介 (4)
望月実 (5)
山崎武也 (13)
山崎将志 (4)
やましたひでこ (2)
山田隆道 (2)
山本憲明 (4)
吉越浩一郎 (7)
吉本佳生 (3)
吉澤大 (3)
米満和彦 (3)
リッツ・カールトン (10)
李家幽竹 (1)
リチャード・テンプラー (6)
渡辺淳一 (1)
渡部昇一 (7)
渡邉美樹 (3)
渡辺由佳 (2)
渡邉幸義 (6)
和田秀樹 (5)
(月刊誌)致知 (2)
(月刊誌)理念と経営 (11)
(月刊誌・週刊紙)その他 (23)
その他の書籍 (19)
詩・言葉 (7)
映画・ドラマ・DVD (7)
英語学習 (3)
ダイエット関係 (7)
Private&お気に入りのお店 (7)
水無昭善 (5)

検索ぷらす

月別アーカイブ

メールはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

Twitter

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック